※ 記載の情報は投稿時のものです。詳しくは店舗へお問合せ下さい。

2015年02月20日

高砂 蕎喰いまとみで至福の時

 美味しい蕎麦が食べたくなって、
連れが言っていた「蕎喰いまとみ」でランチする事に。
ほんとうは、口へんが上についてるんだけれど、
変換で出てこないので、「喰」で勘弁。

 寒々としたビルが整然と並ぶ高砂界隈。
思わず通り過ぎてしまいそうな控え目な店構え。
店に入るといきなりフロアと思いきや、
一呼吸おくように通路があり、
食を楽しむ場所へと気持ちを切り替えてくれる。
渋いですね内装。
土壁のぶつぶつは蕎麦ガラだそうだ。
テーブルの配置はお客同士の視線が合わないような絶妙な配置。
それになんて贅沢な席割でしょう。
あと、2テーブルは増やせたんじゃないでしょうか。
しっかりとしたコンセプトを感じるインテリア。
居ればいる程その居心地の良さが伝わってきそう。
お手洗いも、
ここはまことに隅から隅まで行き届いている。
表は最高なのにお手洗いが乱雑だったりすると、
ああここまでこだわったなら、最後までなぜ〜っと思ったりする。
めんどい私。

単にお腹を膨らますだけの場所ではなく、
日常を忘れられる場所へといざなってくれる心遣いは
うれしい限りであります。
4.jpg

まず、運ばれてきたお茶の香りの高さに驚く。
蕎麦はどんなものなのか胸躍る。

きたぁ〜「昼膳¥1050」。
ざるにしてもらった。
う、美しい。まずはそのままで頂きます。
ズルズル・・く〜っ美味黒ハート黒ハート
なんだろう?!このはっきりと主張する蕎麦の味は。
この風味の良さとねっとりとした舌触りは黒ハート
わ〜つゆを付けずに1枚頂ける確実に(涙)
衝撃的なお蕎麦の美味しさに、勝手に終わっていたが、
1.jpg

地鶏ご飯もハッとするほど美味しい黒ハート
このやろう〜全部おいしいじゃんか〜っと、
久しぶりに美味しいが過ぎて逆切れ手前(涙)
そして、そば湯でリラックス。
そば湯大好物なのでもちろん飲み干した。
ふ〜幸せ♪
2.jpg

うう、美味しかった黒ハート
千円ちょっとでこんな至福の時を味わえるなんて・・
ありがたい。
夜のメニューは魅惑的でぜひ機会があればお邪魔したい。
御馳走様でした。

3.jpg


【店名】蕎喰いまとみ
【住所】福岡市中央区高砂1-22-9
【電話】092-526-4504
【営業】11:30-14:00日祝-13:30LO/18:00-19:45LO
【定休日】日祝時々休
【備考】お店情報⇒<HP>/駐車場無/昼禁煙/個室有/昼膳¥1050/鴨鍋コース(2人前〜)¥4500要予約/小学生以下の小さなお子様をお連れの方は、どうぞ他のお客様への配慮をお願いいたします。/2014年メシュラン掲載店/

posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

三瀬 そばの芽料理「木漏れ陽」で新蕎麦を頂く♪

「三瀬峠」ってどう?
とある休日、福岡市内から日帰りお手軽なドライブ先を探してて、
「どんぐり村」とかあるし〜最後に温泉とか、最高。
と、三瀬峠へ向かうことに。
20代の頃に当時の彼氏とドライブで行ったのがたぶん最後。
いつも通り過ぎてた場所だわ・・(遠い目)

例のごとく、スマホのナビで向かいます。
ええっ?三瀬峠に有料道路があるなんて、知らなかった(汗)片道¥310ってたらーっ(汗)
往復で¥620たらーっ(汗)
平成20年の夏から九州最大のループ橋なんですね。
子供が車に酔いやすいから、ま、良かったってことで。

 まずは腹ごしらえです。
「そばの芽料理とそばの店 木漏れ陽」へ。
国道263号から右手に入って、もいっちょ、鋭角に右折
小さな集落の細道。どこ?と心配した位に看板発見です。
左折すると急な坂、
のぼりきったところにお店発見。駐車場広し♪
店の前の駐車スペースもあります。
ここまで来て、車入れられないとか大変ですもんねー
1.jpg

店の右端にお手洗い。建物に接しているけど、一度外に出ます。
寒かったけど、中は山小屋風で雰囲気よく、
掃除も行き届き、子供も嫌がることなく使ってくれました♪
あんまり綺麗じゃない暗い所だと、怖がってしてくれないんですよね・・
2.jpg

席はほぼ満席〜入口正面の座敷に通されたれど、
横一列はテーブル席だったのかな?未確認。
壁には有名人の色紙が・・え?!「もたいまさこ」お、「荻上 直子」も来店!!
3.jpg

新蕎麦だぁ、うれしい♪ 
4.jpg

 待つ間にお茶と一緒に小鉢が。揚げた蕎麦です。
ポリポリ食べながら本命を待ちます。

来ました♪「北山天おそり蕎麦¥1050」
そばの芽の天ぷらと大根おろし付です。
メニューにお勧めの食べ方が載ってますので御参考になすって下さいませ。
まずは、そのまま〜ずずっと頂きます!!
う、うまぁ〜黒ハートみずみずしいこののど越し。生き生きとした蕎麦の風味。
命あるものを頂いてるんだなぁとしみじみ。
体が喜んでる気がします。
そばの芽の天ぷらもサクサク美味しい。
んが、ぼろぼろになりやすいのでちと、食べにくかったけど。
農園がやっている蕎麦屋ならでは、
ここじゃないと食べられないでしょうね。
5.jpg

主人は「木漏れ日コース 檜-ひのき-¥1950」
「そばの芽ジュース」「そばの芽の和え物」「そばの芽サラダ」「そば豆腐」
そして、「盛りそば」「そば雑炊or混ぜご飯」「そばの芽ゼリー」と豪華な内容。
青野菜とか食べない息子がジュースを欲しがって吃驚。
なんとも自然な甘さのするやさしい味でした。
6.jpg

7.jpg

んん、自然中で出来立ての自然の恵みを頂くのはやはり格別。
そばの生命力 頂きました黒ハート
そば湯も出てきてほっこり黒ハート

ひとつ心残りなのが、「そばビール¥620」を飲まなかった事(><。)
またこいつ昼間から飲むんかいっ、と旦那に思われたらと少し思ってしまって(汗)
うう・・お馬鹿さん。そんなの百も承知だっつーの
御馳走様でした。

【店名】そばの芽料理とそばの店 木漏れ陽-こもれび-
【住所】佐賀市富士町上合瀬453-1
【電話】0952-57-2873
【営業】11:00-17:00
【定休日】水曜日
【備考】お店情報⇒<HP>/北山蕎麦/そばの芽ジュース¥300/ガレット¥630-/そばの芽料理/子連れOK/禁煙/


posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

ホークス観戦して「庄屋うどん」

「玄海灘のぉ〜♪ 潮風に〜♪」
ホークス!2勝目!やった〜(^0^)ノシ
この勢いにのって、めざせ日本一手(グー)

この前のクライマックスシリーズを観戦して、
ちょっと熱くなってます黒ハート
友達が、チケットあるけど行く?っていうので、
行ってきた。タダ
ありがたいね、友達って。
んが、私。
松田選手しかわからずあせあせ(飛び散る汗)
内川選手は顔は知っていたけど、名前が出てこずあせあせ(飛び散る汗)
知らない選手ばかり、誰だ?
ボードに名前と顔が出てくれるので覚えられた黒ハート
にわかで失礼しますあせあせ(飛び散る汗)
見たら見たで、ついつい熱狂する私であった・・
4.jpg

その帰りに、軽くうどんをすする事に「庄屋うどん 別府店」へ。
通る度にいつも駐車場一杯で気になっていたうどん屋さん。
0.jpg

「小ジョッキ¥450」だったかな? 一人で乾杯。
1.jpg

夜も遅かったので、軽い感じの「ざるうどん¥490」を。
奥は「肉うどん(大盛)¥880」と「かしわ飯(2個)¥180」
ほんとだ〜うどんが平たい。んでちょっと細いのね。
ズズッと啜る。うん、うまい。
ちょっとやわい感じがね、博多だね。
2.jpg

遅い時間だったけど、お客さん多かった。
この場所でずっと地元の人に愛されてるうどん屋さんなんだなぁ。
「海老天うどん¥610」「ごぼう天うどん¥490」がよく出てたな〜
今度は温かなスープを頂こう。
御馳走様でした。

オープンな厨房、麺打つところも丸見え。
結構年季はいってるけどすっきり清潔そう。
3.jpg


【店名】庄屋うどん 別府店
【住所】福岡市城南区別府5-25-23
【電話】092-851-6500
【営業】24時間営業
【定休日】無
【備考】お店情報⇒<タベログ>/P9台程/座敷有,広め/
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

沖縄そばと茶処 屋宜家

0.JPG【店名】沖縄そばと茶処 屋宜家-ヤギヤ-
【住所】沖縄県八重瀬町大頓1172[MAP]
【電話】098-998-2774
【営業】11:15-16:00
【定休日】火曜日
【備考】
土日祝日離れの予約のみ/アーサそばセット¥980/黒蜜きな粉ぜんざい¥380/子連れOK


 沖縄の空は低いのですね。
サトウキビ畑の中、車を走らせていると
道路に雲の影が映りこみなんだか映画のようだなと思う。
雲がこんなに近いとは。

レンタカーの古いナビでやぎやへたどり着けるのか不安だったが、
案内板がいくつかあったので助かった。
お店は畑に囲まれた閑静な集落にある。
看板がなかったら多分たどり着けなかった。

昼のピークも過ぎた頃だったけれど駐車場は車で埋まっていた。
やった、一台空いてる♪

 登録有形文化財のプレートが。
防風の為の高い壁の向こうには長い年月を経てきた趣ある
沖縄建築様式の母屋と離れ。
1.JPG

靴を脱いで母屋へ。座卓が並んでいてお隣と近い感じ。
子供用の椅子を直ぐに用意してくれた。
観光客ばかりかと思いきや地元の人もつぎからつぎへ。 

左母屋、右離れ
2.JPG

3.JPG

 「ジューシー」が完売で白ご飯しかなかったので、
単品で「アーサそば¥800」を頂く。
これが予想以上のおいしさで病みつきになりそうだった。
スープの旨味にほんのり磯の香りがすこぶるマッチ。
どうしよう青臭いだけの汁だったらと余計な心配は必要なし。
麺にアーサが絡み一緒にスープも含んでるのだな。
沖縄滞在中何軒か食べたけれどここのが記憶に刻まれた。
5.JPG

 コンクリートだらけの街では干からびてしまいそうな水鉢もここでは生き生き。
蝶や虫が飛んでる。鳥の鳴き声が聞こえてくる。草木の息遣いもここでは近くに感じる。
自然がただあるだけで心は和む。
なんくるない なんくるないさ〜
6.JPG




posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

つやつや麺に心奪われ 恵味うどん

0.JPG【店名】手打 恵味-エミ-うどん
【住所】福岡市中央区薬院3-7-15[MAP]
【電話】092(521)1003
【営業】11:00-21:00
【定休日】木曜日
【備考】燃料費削減3名以上@¥50引/出前正午〜18迄/かけ¥420


夜にちょろっと行ってから、ランチ時になかなか入れない「ビオフレンチミノリヲ」。
本日も予約で満席で入れなかったよ〜(><)
何処へ行こうかと悩んでいると、何故か「恵味うどん」が脳裏をよぎり、
欧食からうどんへ大幅な方向転換(^へ’)b

以前、老夫婦がしてらっしゃると聞いていたのだけれど、
二代目に変わられてからなのかな?
店は和のまま。BGMやらジャズジャス要素が少しだけプラスされ、
なかなかよき雰囲気。

縦に長い店内は手前カウンターとテーブル席。奥に座敷がある。
横のカフェと焼き鳥屋さんプラスした長さか、思ったより収容人数あります。

満席の中、カウンター席をなんとか確保。
ほーっと一息ついて、目の前のプレートに目が行く。

「かしわ1コ ¥110」
1-2.JPG

じゃぁこの「とりおろしうどん(熱OR冷)¥630」を。
目の前に出されてビックリ、麺がまるでくずきりを思わせるかのようにやわらかい透明感を感じる。
なんて美しい麺なのだろう。
存在感のあるダシをつけて食べると、わーこれは夏の暑い時期にぴったり黒ハート
私にはちょいダシが濃かったけれども、
麺の喉越しとつややかさ黒ハート
ハートにがしっと残るうどんだった。
2.JPG

かしわがいっぱい沈んでるぅ。
3.JPG

サービス品お得な「ぶっかけ(熱OR冷)¥530」だったかな?
4.JPG

ご馳走様でした。
もっと早く来るべきお店でした(><)
リピ確定。


posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

旗をたどれば行き着く蕎麦処梅照(土休)

0.JPG【店名】御そば処 梅照-バイショウ-
【住所】福岡市南区清水2-13-43[MAP]
【電話】092-541-3873
【営業】11:30-15:00/17:30-20:30
【定休日】土曜日
【備考】自家製わらびもち/住宅街/


 週末、花見をしようと清水あたり、那珂川の河川敷へ。
自転車キコキコ向かっていると、こんな旗をみつけました。
1.JPG

気になる・・・いやいや、目的は花見だぁ〜♪
整備されて初めて出かけたけれど、いい感じになってたんですね。
道沿いに連なる桜が見事です♪
シートを敷いてお弁当食べた。けれど、
息子に自分の食事をほとんど奪われお腹が見たらず(><)

還り際にも目に付く旗・・・ちょっと何処にあるかきになるのもあって、
旗をおいかけてみる。
2.JPG

すると静かな住宅街に、「御そば処梅照」ののれん発見。
ちょっと啜って帰っても、ばちはあたらないかしらん。

お店を始めてそう月日もたっていなさそうな佇まい。
こ、子供連れなんですけど〜っと聞くと大丈夫との事。

では、さくっと啜って帰りまつかっ♪
横長な店内はこじんまりとした感じ。
近所の人が気兼ねなく来れる様な雰囲気とメニュー。

「もりそば¥800」を頂きます。
するりと喉腰のよい蕎麦。それだけで美味黒ハート
夏限定のわらびもちが付いていててうれしい。
3.JPG

お客がひと段落したご主人。
息子と目が会うとちょっとおどけてみせた。
蕎麦を作っていた時とは違うやさしそうな顔。
4.JPG

ご馳走様でした。

帰りに隣の席の子供連れの方とちょっとお話した。
わが子が歩くのは何時になるかしら。



posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

蕎麦処くろ麦(日営)

0.JPG【店名】生粉打そば くろ麦
【住所】福岡市中央区薬院2-4-5
大稲マンション1F[MAP]
【電話】092-713-9662
【営業】11:30-14:30/17:30-20:30
土日祝11:30-20:30
【定休日】水曜日
【備考】十割生粉打ち/荒挽限定20食/量少かな/





薬院大通りにある「くろ麦」でランチする事なりました。
中に入ると思ったより縦長で、奥に座敷もあります。
カウンター席向かいのテーブル席に陣取りました。

釜の前に立つ店主さんは、頑固な職人気質のおやじさんと見受けられます。
これぞ蕎麦職人という感じで期待をもたせてくれます。

え〜っとメニューはと・・
「荒挽きそば」と「挽きぐるみそば」の2種類から選べるようです。
前者は一日限定20食と記載がるので、そっちを食べてみることにしました。
「もりそば(荒挽き)¥840」で、「そばのみ追加/枚¥525」
「ざるそば(挽きぐるみ)¥735」で、「そばのみ追加/枚\420」。
4.JPG

そして、店の入口に「当店おすすめ 生桜海老のかき揚げそば」とあったので、
それにしようかしら。
3.JPG

「かき揚げもり(荒挽き・桜えび)¥1260」きました。
蕎麦がを一口食べて無言・・美味黒ハート黒ハート
なんというか岩間から涌き出る澄んだ湧水を頂いているかのような心持になるお蕎麦でございました。
この「桜えびのかき揚げ」も、サクッと軽くはかなくて、
口の中に広がる桜海老の風味と軽い衣のコンビネーションがたまらない。
あまりの繊細さになんとも唸りたくなるおいしさでした黒ハート
すっご、私好み(涙)次の日も次の日も食べたくなってしまいました。

ただ・・ご覧の通り量は少なめです。ガッツり食したいヤンガー男子には物足りないこと必然。
わたしも流石に少なく。もりを追加しようかなと思ったくらいです。

ランチ時は丼物とセットにできるのでそちらと一緒に頼んだほうがいいですね。
「ざるそば+ミニ親子丼¥945」「ざるそば+ミニかき揚げ丼¥945」など、
¥945均一のミニ丼セットがお得なかな。粗挽きそばは、¥105増。

お腹一杯になりい行くというよりは蕎麦のおいしいさを楽しみに行きたい店です。
1.JPG
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

手打ち蕎麦やぶ金(日営)

0.JPG【店名】手打ち蕎麦やぶ金
【住所】福岡市中央区大名2-1-16[MAP]
【電話】092-761-0207
【営業】11:30-21:00
【定休日】水曜日
【備考】2010年大名内で移転/禁煙/鴨せいろ¥1400/生ビール無/





ビルの乱立する大名にも、まだこんな木造建築が残っていたのですね。
移転後の「やぶ金」は古民家の風情を存分に残した佇まい。
日本人の心をつかんで離さない。
古きよきものは安らぎさえ感じるけれど、
そんな空間でお蕎麦が頂けるのは嬉しい限り♪
1.JPG

ランチで訪れたその日は、40代以降のお客さんが多かった。
化粧室は奥の小さな庭をめでながら通路を進むと左手にあります。
2.JPG

「だし巻¥850」と「鳳凰美田 純米吟醸¥530」をまずはオーダー。
やわらかふんわりの卵の中から、じゅんわりとダシが滲み出る。
床の間の見事な生け花を眺めながら、日本酒をちぴり。
胃袋にしみわたる。
ほんわか〜幸せ黒ハート
3.JPG

呑み終わった頃に「せいろ¥750」がやってくる。
ずるずる、と品のよいお蕎麦の喉越しを楽しみながら、
休日の遅い午後は過ぎてゆくのでありました。
5.JPG


百円募金中(April・May)8記事×¥100=¥800






『その日呑んだお酒メモ』
・鳳凰美田 純米吟醸
posted by zono | Comment(4) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

江戸蕎麦侘介(不定)

P1000948.JPG
【店名】江戸蕎麦 侘介-わびすけ-
【住所】福岡市中央区白金1-14-2[MAP]
【電話】092-285-4217
【営業】11:30-15:00/18:00-21:00
【定休日】不定休
【備考】蕎麦売切れ次第閉店有/





 独身最後の夜をちょっといいもので〆ようということになって、
飛び込みで入った仕出し屋兼うなぎ屋を出たのは割と早い時間だった。
唯でさえ寂しげな白金の路地の更に裏、
何やおぼろげなるあかりを発見。
近づくと小さく「侘介」の文字。
西新から移転されたお蕎麦屋さんって言ってたな。

木造の古い民家を改築していて、余計な手を入れずその良さを存分に残している。
昔からそこで営業されていたように感じる。
そうではないのだけれど。

すっごいそそられたけれど、お腹一杯。
再度訪問しようとその場を後にした。


暫く経って夜に二件目に訪問。
6畳二間にテーブルの席と、5人ほど座れるカウンター席。
席は近いのでお隣の話はわりかし聞こえちゃうかな。
その時は40〜50歳台のお客さんが多かった。

振り子時計のカチカチカチと時を刻む音。
小さな中庭は日本人の心をくすぐるポイント山積み♪
力みすぎずほっこりとさせる良さがある。
四季の移ろいに目をやりながら、蕎麦を頂くんだな。
化粧室もいいなぁ。タイルかわいい。


写真はNGでしたので、なし。


日本酒は¥700位。
酒のつまみは¥400からあった。
その日は「鴨のくんせい¥400」を頂く。
肉の旨味がたぷり硬すぎずなめらか。
これ〜すっごく好みだった黒ハート
ちろちろ日本酒と頂きながら、しばしゆったりとした時を楽しむ。

〆に頼んだのは「十割蕎麦¥800」。
蕎麦は産地にこだわらず、その時にもっともいいとしたものを
出しているんだとか。

まずはそのままずずっと頂きます。
お〜なんとも歯ごたえをのこした、強烈な香りのある蕎麦です。
こんな感じのは食べたことがない。
鮮烈に記憶に残る蕎麦だ黒ハート

つゆは辛口。

は〜美味しかった!!

ほっこり蕎麦湯を頂きながら何気に天井見あげると、
障子がつるされていて、そこに墨で書かれた見事な鳳凰(孔雀?)の画が。
ライト越しに照らされすごくかっこいい。
店主さんの力強さが伝わるようです。


ごちそうさまでした!!
又お蕎麦を食べにいこう♪



posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

もちもち麺工房松(日営)

0.JPG【店名】もちもち麺工房 松
【住所】福岡市博多区住吉2-16-8[MAP]
【電話】092−282−8039
【営業】11:00-19:00
【定休日】火曜日
【備考】かけ¥250(200g)/[オススメ]ごぼう天うどん・ちゃんどん¥650・カレーうどん¥500






住吉神社のキャナルにつながる道沿いに新たなうどん屋さん発見♪
あれは〜昔、ちー坊のたんたん麺があった場所だな。
何度か店舗かわったよね、今はかわいいお店になってるよ。
「もちもち麺工房 松」だって。
入口のメニュー板を覗き込む。
「かけうどん¥250」安っ!!
あまりにも安いところって色んな意味で躊躇するけれど、
ここは小ぎれいでいい感じだな。
加算すると普通なお値段なのかな?
1.JPG

初めてのお店は外から中の様子を確認したくなるけれど、
ここは確認しずらい。
多分よさげ、入ってみようか♪

細長い店内、入って直ぐにカウンター席。奥に広めのテーブルと、壁に面したテーブル席と。
明るい壁紙ですっきり余計なものがなくいいですね。
安いところって値段と引き換えにそういう所目をつぶらないといけないど。
そんな感じないなぁ〜♪
店員さんはオレンジのTシャツを着てるよ。
2.JPG

メニューから抜粋。
「麺にこだわり、ダシにこだわり、油にこだわり、飽きのこないうどんで、一杯のおもてなし」
小麦粉や油、卵の仕様銘柄を入口に書いていたりしてたな。

お箸は割り箸とエコ箸とおいてある。
紙ナプキンも天かすもあってうれしいな。
なにより量が200gから選べるのは少食の人は助かるね。
100円加算で300gになるよ。これが普通の量らしい。

コレステロールゼロの菜種油を使ってる「天ぷらの盛合わせ¥500」をオーダー。
サクッとした衣で、海老も2匹も入っていて、尾ひれにはちゃんと処理されてる。
このお値段でこの美味しさはうれしい♪
3.JPG

私は「ゆだめ(つけ麺)200g¥250」にしたよん。
この麺がね〜もちっとふわっとしていて、未だかつてない食感に衝撃!!!
なんかね・・ふわふわの子犬をなでた時の癒しを感じる(TーT)
腰も全然なくはないんだけど、この独特のふわやわな食感に癒される黒ハート黒ハート
4.JPG

こちらもお勧め「温ごぼう天うどん300g¥450」と「松の鶏めし¥240」
5.JPG

美味しかったな〜また食べたいなぁ♪
あの食感(#▽#)
・・・
疲れてるのかな私(汗)


近くにウエ○トのうどん屋もあるけどこちらも是非♪


posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

うどん杵むら(日営)

0.JPG【店名】うどんと酒肴 うどん杵むら
【住所】福岡市中央区薬院2-14-28
アデカッツビル2F[MAP]
【電話】092-714-2323
【営業】11:30-21:30
【定休日】月曜日(祝日→翌日)
【備考】売切れ御免/昼からちょい呑み/カレー南蛮玉子入¥800/ごま味噌うどん持ち帰り有





 遠出の帰りに、ラーメンが食べたいと言ったけれど、雨が降り出しそうで最寄のうどん屋に変更される。「うどんきむら」へと急ぐ。
名前は聞いていたけど、こんなキュートなうどん屋さんだなんて知らなかったなーかわいい(^^)
このアングルならカフェでも通じそうよ♪
3.JPG

メニューを裏返すと、酒の肴が充実してることに目が釘付け!!
そーいえばトモダチがまっ昼真っから飲んでたのここだったのか・・適当に聞いててごめん(^^;)今、全てがつながった(笑)

昼間、呑み過ぎたので涙をのんで今夜のお酒は遠慮することに(TーT)
今度きたら「地酒¥680」と「牛すじ煮込み¥480」でちょいとやってからう、どんを啜るとここで誓うわ★ 
M1.JPG

運ばれてきました。
お店のマーク、ひょうたんをあしらったような薬味いれ?の器とまあるいお盆もかわゆい。

「ごま味噌うどん¥850」をいただきます♪
はふはふっ
ずるるる・・ん・・なんだか超マイルド。
かつお節ががつんとじゃないよう・・昆布とか・・にぼしがつよい?

何故かつくねの味をまったく覚えていない( ̄▽ ̄;)
なぜっ(>0<)ノシ 

それにしても独自なうどんだな・・・ちゅるちゅる。
1.JPG


posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

十割そば 和さ田(日営)

0.JPG【店名】十割そば 和さ田
【住所】福岡県朝倉市杷木林田1125-3[MAP]
【電話】0946-62-2288
【営業】11:00〜夕方頃迄
【定休日】木曜日(祝日営業)
【備考】築80年の民家/茨城産常陸秋そば





 連休の話であります。レンタカー借りて福岡市内から向かったのは林田温泉辺りにある「十割そば 和さ田」。久々の車の運転にルンルン♪
何でかしらないけど私が車の運転すると皆に怖いって言われるんだよねぇ(^^;)

なんだかんだでそろそろ目的地近くです。国道を左に折れて細い道に入らなきゃいけないんだけど見落とした(汗)ぜ〜は〜。
あせりながらUターンして目的地へ到着。対向車がきたら危なかったな。道細すぎ(^m^;)

古い民家と広々とした敷地の緑がなんとも気持ちいい。
風に揺れる木々のざわめきも心地よい。
0.5.JPG

休日は直ぐに満車になるそうで、11時半位につけばいいかなぁと早めに出発してたんですが、座敷に座って注文を待ってる間に大広間は埋まってしまった。
作戦成功♪

古い民家は存在感あります。柱がピカピカです♪昔の日本人サイズなので軒が低い。写真右手の縁側奥が化粧室。
窓から見える庭も手入れが行き届き緑が綺麗。気持ちがゆるくなりますね。

スタッフおばちゃんがきちんと手をついて深々と頭を下げてから注文をとります。おもてなしの気持ち。
1.JPG

料理がくるまで私は「日本酒(1ショット)¥260」をちぴり黒ハート
早くも運転手離脱(笑) 八女の「繁桝 吟醸ふくろしぼり」デス♪
私にしては量が少ないと思ってるあなた!もう一杯「土佐しらぎく 特別吟醸 無ろ過」を頂きましたのでご心配なく(#^^#)V
2.JPG

こちらは蕎麦以外にみつせ鶏が一押しらしいです。
セットメニューが「里山¥1600〜」と「鶏里山¥2200〜」。蕎麦に前菜7品という内容。後者は「みつせ鶏のハーフステーキ」が付きます。頼む蕎麦によって値段が上下。
私達が夜もお肉の予定だったので付けませんでしたが後者がお勧めですよね。
7品前菜の図。素朴な味わいで田舎の良さが前面にでた美味しさです。
3.JPG

「十割蕎麦¥950」結構な量あります。ほんのり緑がかってた♪噛むと若干粘り気を感じるような気もしないでもなかった。おいしかった♪
4.JPG

連休は天候にも恵まれました♪
さてさてそれでは九重までドライブゴー♪
5.JPG


posted by zono | Comment(6) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

赤間茶屋 あ三五(日営)

0.JPG【店名】赤間茶屋 あ三五-アサゴ-
【住所】福岡市中央区白金1-4-14[MAP]
【電話】092-526-4582
【営業】11:30-21:30
【定休日】火曜日/第1月曜日
【備考】昼蕎麦懐石¥2200/二八蕎麦¥800





 店構えは和なカッコ良さ。暖簾に屋号がなく前面格子なので入口がどこかピンとこなかった。白い暖簾が入口。いつもトロくてすみません(苦笑)
厨房の排気フードが曲線で中が朱色っていうのがまたイイ。存在感のあるカウンターのみ。
昼間蕎麦が啜りたくて何の気なしに入ったけど、家族ずれで来る感じではないよね・・テーブル席ないし。
カウンター席には40才台以降の食通そうな方々が並ぶ。店の前に高級車がよくとまってるなぁとは思っていたけど、敷居が高いって訳じゃないけどちょいとしゃれたお店かな・・


玉子焼きと日本酒を楽しもうかと最大級に迷うも却下。
「十割蕎麦(細打ち)¥950」を頂く。
こ、この蕎麦の香り〜たまらない(><)

ますは蕎麦のみ。すずっと喉越し。気持ちいい黒ハート
つゆはいらない位に蕎麦自体に旨味がある黒ハート
つゆもまたそれだけで・・

あっという間に完食。もう一皿食べたい衝動。
我慢、がまん。
1.JPG

それにしてもこだわりを持ってる店主さんみたいですね。
常連さんと思しき方と蕎麦について語ってらっしゃる。
蕎麦とワインはやっぱ○○ですか・・・(苦笑)
こういう方がいらして、そうじゃない店もある。
それが世間の常。
同じような店ばかりじゃ味気ないもの。

蕎麦湯にほんのり柑橘系の一仕事、唸るしかない。
2.JPG
ああ、夜にふらっと一人で来てもいいのかもしれない。
ちょいとつまみと日本酒と最後に蕎麦をすすってね、家路につくのさ。



posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする