※ 記載の情報は投稿時のものです。詳しくは店舗へお問合せ下さい。

2013年08月30日

お食事処 ちゃんや〜のアグー豚

1.JPG【店名】お食事処 ちゃんや〜
【住所】沖縄県本部町備瀬624[MAP]
【電話】090-6862-4712
【営業】11:00-15:00/17:00-21:00
【定休日】無休
【備考】HP予約有/セットメニュー¥2800〜/子連れOK/


 フクギの並木道は沖縄へ来たら行ってみる観光地のひとつ。
成長するのにむちゃくちゃ時間のかかるフクギの並木道は見ている分には素敵だが、
蚊がすごくて住める処ではないらしい。

細い道をタラタラと進み正面から車が来ようものなら、
うお〜どうしよう〜と焦りまくり半泣きになり途中運転を代わってもらい、
やっとたどり着いた「ちゃんや〜」のお兄ちゃんがそんな話をしてくれた。

「ビール¥480」
2-1.JPG

でもね、庭の景色はそりゃいい感じでございした。
観光客が行くにはもってこいだと思いました。
3.JPG

「やんばる島豚あぐーしゃぶしゃぶセット¥3000」を予約していました。

前菜、海ぶどうと島らっきょう、モズク酢。
4.JPG

そーみんチャンプルーはとても美味しかった。
もうちょい沢山食べたかったなぁ。量が少なすぎて残念。
5.JPG

メインのアグー豚が来ました。
6.JPG

さらっと何枚でも食べられちゃうお肉黒ハート
量もそこそこあって満足。
7.JPG

うまみたっぷりの雑炊とお吸い物も美味しかった。
デザートもあったけれど、
量が少しすぎて・・寂しさを誘うくらいに。
でも美味しかった。
ありがとう沖縄。
8.JPG

お隣はお宿になっていて、テレビもない昔ながらの家屋に宿泊できるみたい。
虫の声や風の音を聞きながら過ごす一夜も素敵そうだ。
蚊がどうにかなれば(笑)
9.JPG




2013年02月15日

グランドハイアットのチャイナで飲茶ランチ

0.JPG【店名】広東料理CHI-NA -チャイナ-
【住所】福岡市博多区住吉1-2-82
グランドハイアット福岡1F[MAP]
【電話】092-282-2803
【営業】11:30-14:30/土日-15:00/17:30-22:00
【定休日】無休
【備考】ランチ時子連れ多/禁煙(個室可)/ランチ¥2000〜(土日祝¥900UP)ディナーコース¥7000〜《HP》


 年に一度の記念日。
本格フレンチでディナーと洒落込みたいけれど、一歳児連れでは難しいかな(笑)
今は三人で過ごす時間が尊い。
それでも美味しいものが食したくチャイナなどを提案。
予約してランチでお邪魔する〜。

いつも通り過ぎていて何時かは入りたいねと言っていたチャイナ。
ハイソな落ち着きのある空間です。
思っていたより子連れの多いのに驚く。
中央の円卓テーブル席へ通されてたが段差がありベビーカー移動にちと手間取る。
8.JPG

チャイナで有名な「飲茶ランチ¥2900」2時間食べ放題。
それに呑み放題も付いた「泡プラン¥3800土日祝¥4100」にすることに。
泡というのはビールではなくスパークリングワインの呑み放題なんです♪
ソフトドリンクとお茶もあるけど無視です無視(^へ’)b
1.JPG

最初に10種類くらいだだだ〜っと見繕って持ってくるけどいい?
とスタッフさんに丁寧に言われたのでそうする事に。
焼き揚げ点心から始まって、スープ。蒸し点心とやってくる。
「季節野菜入り五目春巻」「豚肉とニラ入り焼き餃子」「料理長特製こだわりスープ餃子」
4.JPG

あつあつの湯気が立つプリプリ餃子にテンションアップ↑↑
「伊勢海老の蒸し餃子」「ホタテとセリの蒸し餃子」
3.JPG

干しエビやら魚介エキスの旨味が基本にあって、広がってゆく感じ。
八角や黒酢やら中華のスパイスがチャームポイント的に使われるものもあったけれど、
日本人の口にも嫌味なく心地よい。
「ズワイ蟹入りシューマイ」「イカのガーリックソース」にんにくの香りがぁ〜♪
2.JPG

「特製蒸しカステラ ココア風味」「自家製チャーシュー肉まん」
7.JPG

「特性ちまき蓮の葉包み」ももちもちうまっ黒ハート  「大根もち」ももちもち美味しかった♪
6.JPG

デザートが美味しくはまってしまった黒ハート
甘すぎるものやお腹に貯まるデザートが苦手だけど、ここのデザートは全種類制覇だっ。
「リンゴのカスタードパイ」これヒットです。
「蓮の実あん入りゴマ団子」ゴマが香ばしい〜
5.JPG

お腹も膨れてゆっくりスプマンテ呑んでいると、忙しそうなスタッフさんの動きに目がいく。
飲茶って皿の数がはんぱないもんなぁ〜大変だろうなぁと思う。

ふ〜最後に喉越しのいいものを♪
「杏仁豆腐」「マンゴプリン」うんまい。

点心ってちょこちょこっとづつ来るので、蒸し物とか時間のかかるものは早めに頼んだ方がいいですよとスタッフさんが教えてくれた。多分全種類制覇?!
2時間満喫でした。
ご馳走様でした。
9.JPG

子供には別に食事持参。食べられるのがあればと思ったけれどウチの子にはまだ味が濃かった。
良かった持ってきてて(^^;)



2012年06月05日

IKEA Restaurant

0.JPG【店名】IKEA Restaurant
【住所】糟屋郡新宮町中央駅前2-9-1
IKEA福岡新宮2F[MAP]
【電話】050-5833-9000
【営業】9:30-20:30
【定休日】無休
【備考】セルフ式/ドリンクバー¥180/HP





 新宮町のIKEAのオープン前に、郵便受けに入っていたイケアのカタログ。
集客のために福岡市内に相当数ポスティングした模様。
平和の友達宅にも入っていた。
インテリア好きの私は、それを熟読し妄想を膨らませていた。
休日の朝、そろそろ我慢も限界で、
流石にお客も落ち着いたでしょっとレッツゴー。

「新宮中央駅」で降りると目の前なので、JRで向かうことにした。
博多駅についてまずしなければならないのはエレベーターの位置の確認。
ベビーカーだとエレベーターの位置を確認しつつなので時間がかかる。
「中央口」だと上までエレベーターがないと駅員さんに言われ、
「北口」へ向かう。う〜。

上りの普通電車へ乗車。
到着したのはお昼過ぎ。
駅を出るとででんと目の前に。ちかっ(^^;)
1.JPG

入口と出口は別々。
入るとスタッフさんから買い物袋を渡され2階へ誘導される。
うーん。自由にあちこちいけないのだな。
階段上がって商品のあるほうへ行かず、反対側へ行くとレストランとかトイレとか。

先にご飯食べちゃおうという事でそっちへ。
食べる時に邪魔にならないように買い物袋やカートを置くスペースがあり、
自分達で勝手においちゃってねって感じだから、日本企業じゃ有り得ないなと思う。
1.5.JPG


セルフ式なんだな。
ベビーカーを引いている旦那が大変そう。トレーが重いとしきりに言う。

最初に紙コップがおいてあって、
それをとると「ドリンクバー¥180」になっちゃうんだね。
単に水が飲みたいときってどうすればいいんだろう。
などと、ひねた事を考える。
2.JPG

冷たい一品から始まり目移りして、つい取りすぎちゃいそうになるなぁ。
P1020413.JPG

3.JPG

さて、胃袋を満たそう。
まずはおさえておきたい「スウェーデン・ミートボール 10個¥649」と「シナモンロール¥80」。
たぶん後者は「かもめ食堂」を見たせいなんだよね(^^;)
ミートボールは甘いジャムが添えてあって、異国の香りがする。
食べてみたら、ぜんぜんありで楽しめた。
「サーモンマリネ¥349」は一切れが大きくて、ソースが独特。ハーブが刻んではいっているのかな。
「ベーグル¥120」はぎゅっと詰まった感じが強い。
「ストックホルム¥299」は初めて飲むビール。
あ、バンズコーナーの手前にさりげなく冷えてました(^^;)
4.JPG

「ローストビーフ¥899」はメニューの中で一番高いんじゃないのだろうか・・
さっぱりしたソースでした。
「アップルケーキ¥349」はでかい!!
5.JPG

「シュリンププレート¥249」は小海老ととびっこの入った福岡新宮限定。
4.5.JPG

それにしても、ものすごい人数が入るレストランだ。
おしゃれだなぁ〜
隣の席が近いかんじがする。なんだか学食みたい。
6.JPG

壁の絵が素敵で、ああ、北欧のセンスとうれしくなりバシャッ。
7.JPG


初IKEAを体感したわけだけど、なんだかテーマパークみたいだなと思った。
人が多かったせいか、順路に沿ってぞろぞろ歩いて。
だだっ広い空間に商品がずらっと並んでるんだろうなと勝手に思っていたので、
割と細かく仕切られている空間は、あの商品にもう一度戻りたいというときに不便に感じられそう。
実際、一箇所しかないトイレに行くとき、遠すぎるなぁと思った。
コストダウンでそういう作りにしてるんだろうけどね。
レジ手前の商品の陳列倉庫が外国チックでいい。

目的をもって訪れたほうがいいのかなぁ。
慣れたらなんて事ないのかもしれないけどね。


2011年05月06日

ベトナム料理店ゴンゴン(日営)

0.JPG【店名】Vietnam cafe's restaurant ngon ngon
【住所】福岡市中央区平尾1-12-28
露町ビル1F[MAP]
【電話】092-403-6689
【営業】12:00-23:00
【定休日】月曜日
【備考】ランチ-14:30/お店のベトナムツアー有/





 通り過ぎるたび、ほぼ正方形な店内はいつも満席だった「ゴンゴン」。
相当人気なんだなぁと思いながら、ちょいと狭いのかなという印象も受けていた。

実際に入って、そのなんともいえない雰囲気の良さに笑みがこぼれる。
ベトナム料理独特の香りがそこら中に漂って、
賑わいながらもゆったりとした空気に包まれているような・・
こりゃ人が集まる訳だな。お客さんの年齢層は広い。

お手洗いは厨房カウンターの左側。
6.JPG

窓に面したカウンター席に座る。
幅が狭いのだけど、貧乏性なので落ち着く(笑)
ブルーのタイルがかわいくってたまらない。
窓から気持ちいい風が入ってきて、外をぼんやり眺める。

通常ランチ時なら小ぶりな「生ビール(ランチ+)¥300」が、
夜のサイズと同じで喜ぶ私。うふうふ。
1.JPG

「選べる麺セット¥850」は、
まず「豚肉と高菜と辛味噌ごはん」or「春巻きの盛合わせ」を選んで、
メインの麺を3種類からから選ぶ。
1「フォーガー(ハノイ風鶏肉うどん)」
2「ブンボーブエ(フエ風ピリ辛肉うどん)」
3「パインカンクア(渡り蟹入りタピオカうどん)」
そして、共通のミニデザートという内容。

私はさっぱりフォーガーの「フォーセット」にしました。
揚げと生の春巻きどっちも楽しめてどっちも美味しかった♪
さりげなくお花が飾ってあり目にも鮮やか♪
少々料理に時間がかかってもこういうお店が好きです。
2.JPG

小皿で香菜などか付いてきて、好みに合わせて調整できるのはありがたい。
あ〜ほっとする味で、二日酔いのお昼に良さそう〜(笑)
麺ももちっとやわい噛み心地でおいしい黒ハート
3.JPG

「チキンのココナッツカレーセット¥850」はサラダとミニデザート付。
男性だとライスは少ないかも。大盛りはプラス¥50。

これが〜マジうまでした黒ハート丁度いいココナッツの風味で味はマイルド。バランスがとてもいい。
ご年配のお客さんが多いのもうなずけるな。
5.JPG

ミニデザートでほっこり。その日はブランマンジェ。
美味しかったです。
ご馳走様でした♪
4.JPG


百円募金中(April・May)5記事×¥100=¥500






2010年11月16日

タイ料理ランガンエーン

0.JPG【店名】ランガンエーン〜ガンさんのタイ料理店〜
【住所】福岡市中央区大名1-10-21
大名エイトビルU1F-101[MAP]
【電話】092-716-2839
【営業】11:30-15:00/17:00-22:30
【定休日】日曜日
【備考】個室無/料理種類多/イサーン地方料理/





え〜日頃からドジかなとは自分でも気づいていたのですけど、
人生最大のドジしてしまいました。
多分そんなことする人に出会えるか出会えないか位の・・・(汗)

夜予定が入っていて、仕事が終わった後いったん家に帰ったんです。
そして部屋の電気を消して靴を履いて急いで出たんですよ。

薬院駅について歩いていると足に違和感・・・ふと足元を見ると、

右と左で違う靴を履いていた((>▽<;))
きえ〜っ!
きゃぁ〜っ(恥)
思わず、木陰に隠れる。
同じ黒色だったので目立たなかったのが不幸中の幸い(汗)

皆さん、暗闇で靴を履くのは止めましょうね。
ふっ・・


え〜気を取り直して、
久しぶりに異国の料理を食べたくなって、大名の「ランガンエーン」へ出向く。
ポスターとか色々貼ってありポップな感じの店内です。
タイの若者向けの店ってこんなかんじなのかなぁと思った。
奥がL字に曲がってるっス。
2.JPG

「アサヒ樽生ジョッキ¥530」もあったけど、アジアビールが7種類程あったのでそれにしてみる。
「チャーン¥680」と奥「ビンタン¥650」
1.JPG

メニューは写真付で説明もあり分かり易く、色々と20ページはあったんじゃいかしら。
値段は750円前後が多い。
「タイの清涼飲料¥450」「グラスワイン¥450」「カウテル・果実酒¥500」「タイのウイスキー¥500〜」タイの銘柄ものもが多彩にあってどんな味が興味しんしん。

おススメの「メータオのソムタム¥750」。
青パパイヤのサラダ。辛いマークが三つついてるだけあって辛いっす。添えられたピーナッツを食べると、油分で和らぐ気が。癖になる感じある〜♪

多国籍料理ってすごくおいしい!!って思える事があまりなかったけれど、ここのは料理が上手て思えた。ガンさん美味しいです♪
ただ二人でも一品の量が多いかな。色々食べたい時は3〜4人で来た方がよさげ。
3.JPG

「パッタイ¥750」はタイの屋台で定番のお米の麺の焼きソバ。
これもナッツが入ってあっちの味です。
4.JPG

ビールがなくなったので次はタイのスパークリングワインを頂く。
「スパイクラッシック¥650」。あまっ、ジュースみたい。
5.JPG

「ガイヤーン(1本)¥480」は味付けチキンのグリル。
イサーン料理の代表格なのだそう。
表面パリッと中は柔らか、この味付けも美味しい黒ハート
6.JPG

どれも美味しかった♪
ホールは日本人の方。奥さんなのかな?
柔らかい接客で気持ちよく過ごせました。





『その日呑んだお酒メモ』
・チャーン


・SPY クラッシック

2010年04月26日

金絲猴

00.JPG【店名】金絲猴-きんしこう-
【住所】福岡市中央区春吉3-23-13
大取ビル2F[MAP]
【電話】092-762-6626
【営業】17:30-24:00
【定休日】日曜日
【備考】西安刀削麺/コース¥3000〜/呑み放題¥1500/着席70名





写真の整理をしていたら、アップし忘れてる店に気づく(^0^;)
え〜っとまずは春吉の「金絲猴」。

入口の金ぴかの屋号から受ける印象よりはフランクな。広々としていて、一昔前の中国っぽなレトロな酒場という感じ。木製の鳥篭が吊り下げてあったりしてそれっぽい。部分的に荒めな木造の作りが有りながらも安っぽくならずに、シックな色合いが要所をしめて雰囲気ある。
化粧室は厨房を過ぎて左の通路奥だったかな。

「キリン生¥550」で乾杯。
1.JPG

「特製ザーサイ¥500」ここ、酒菜は¥500からかな。物によってはちょい高い印象があるかなぁ〜。
このザーサイは癖になる美味しさだった。ビールが進みます♪
2.JPG
キャリアを十分に積んだ中国出身のシェフが調理されてる。
化学調味料は一切なし。本場の味を楽しんでいただきたいのでなるだけ日本人味覚にはしてないみたいです。

「海鮮チャーハン¥850」パラパラでおいしかった。安心できるおいしさ。
3.JPG

「西安の焼き餃子(5個)¥550」
4.JPG

どれも美味しくいただきました♪
もう何年もここで営業されてますよね。開店したばかりの頃、めずらしかった刀削麺を食べに行った日が懐かしい。これだけ続いてるということはそれだけしっかりとした美味しさがあるんだろうなぁ。

「汁なし坦々麺(S)\600」もちもちっとつるつる。すぐ満腹にりますね。MとSとサイズが選べるのがうれしい。
5.JPG


2010年02月09日

そいさぼ (-27)

0.JPG【店名】うまめし、うまざけ。そいさぼ
【住所】福岡市中央区薬院2-2-33
OAS薬院ビル2F[MAP]
【電話】092-714-5801
【営業】18:00-翌3:00
【定休日】日曜日
【備考】沖縄・タイ料理店 コース¥2000or2300 呑み放題¥1500




 薬院大通り交差点裏手の斜めになった細い道。「担々麺のまるみや」がある横位に、あり?こんなビルがありましたっけ?中央エントランススペースを囲むように建物が。ここの二階にこないだオープンしたばかりの「そいさぼ」はあるのね。パシャリと写真を撮ってたら皆がやって来た。今夜は時間に正確だね(ニヤリ)。
ぱっと見、どっから上ればいいか分からないな(^^;)
向かって右奥にある、黄色い階段から上がればいいみたいね。
二階に上って2・3歩歩くと右手に共用の化粧室があります。
ほぼ、正面にあった。入店〜♪入口は段差があるので気をつけて!!
1.JPG

入って直ぐカウンター席。奥にサボテンを取り囲む大きな三角テーブルが。建物の角がとがってるのでちょいと異形な空間であります。
小さな階段があったので二階もあるみたい。

沖縄料理とタイ料理のお店「そいさぼ」です。
友達二人が店長さんと遠く近く知り合いだと分かり世間て狭いなと思う。そりではアサヒもありますが、やっぱオリオンで乾杯ですかっ「生ビール¥500」。 
3.JPG

沖縄料理屋に来たら頼んじゃうよね「沖縄直送 うみぶどう¥550」
ぷちぷち感がいいよね。 
4.JPG

「本日のおすすめメニュー」から「カンパチ刺し¥700」だよん。
5.JPG

「ヤムウンセン(タイの春雨サラダ)¥680」で辛さっぱり。
6.JPG

「ジーマミー豆腐の揚げだし¥550」は普通の豆腐のものよりふわんとねっとり舌に絡みお餅みたいで美味しかった。記憶に残る一品。
7.JPG

珍しそうだなぁとオーダーした「コムヤーン(豚のど肉焼き)¥650」
甘辛いタレとちょこっとコリッとした食感がビールのお供にピッタッし(^^)
9.JPG

「鶏とカシューナッツの辛炒め¥700」熱々のカシューナッツはお肉とよくあいますね〜あの香りと歯ごたえがよきアクセントです。
10.JPG

「タイ風イカの塩辛¥350」をつまみながらちびりちびりと呑みまひょ。8.JPG

「泡盛¥450〜」はよいそうで怖くて呑めなくて、いつもの「日本酒(一の蔵)¥600」。お酒はほんと充実してる。果実酒とか女性でも楽しめそうな甘めののも多いね。
なにやら濃い話をしたようだけど、要約すると君らののろけ話だったやうな(^-^;)ふっ(遠い目)それぞれ幸せになれよ!!!
11.JPG