※ 記載の情報は投稿時のものです。詳しくは店舗へお問合せ下さい。

2016年08月31日

駅から三百歩横丁「名島亭」の無限餃子アワー♪

 土曜日の午後。
夕ご飯は手抜きそうめんでいいかな〜なんて考えながら、
何気にラインをみたら、友達から呑みの誘い
それも昨日の夕方入ってたの気づかず
ごめ〜〜〜んッ。
ほかの友達誘ったかしら?
即効で連絡するとまだ有効なお誘い
子供を旦那様に任せ、待ち合わせの博多駅へゴーーーッ♪

仕事帰りで疲れさんの友達と目指したのはっ、
駅から三百歩横丁」〜っ
嬉しい!!行ってみたかったの
1.JPG

この一番奥にある、「名島亭」。
入口は広く、L字の店内。一本奥の席へ。
他の店に比べると空いてます。
おくまってるので手前の他店に入られちゃうのか・・
ま、ゆっくりと食べられそうで逆にいいね♪
6.JPG

ここをセレクトしたのは友達なのだけど、
15時から19時の間、なんと、
1杯(生ビール¥490&ハイボール¥390)呑む毎に、
餃子一皿(4個)ついてくるサービスなるものが開催中!!

ということはですよ。
二杯飲んだら、餃子8個
三杯呑んだら、餃子12個っ
呑みすぎたのは〜餃子のせいよ〜♪って。
3.JPG

30分前に入店して、ビールを一杯いただき♪
5.JPG

名島亭食べたかったからうれしい。
締めはラーメンかなと思ってたら、
「ラーメン半分こしよっか?」
「へ?」
「駅から三百歩横丁ではしご酒しよ〜」
く〜っ、お酒飲む人の発想だよぅ♪
じゃぁ、ラーメン半分っこ。
4.JPG

つぎはどこにいきますかっ♪

【店名】名島亭 博多店
【住所】福岡市博多区中央街8-1 JRJP博多ビル B1
【電話】050-5784-4844
【営業】11:00-23:00
【定休日】無休
【備考】お店情報⇒<HP>駅から三百歩横丁




2015年04月30日

JR博多駅 博多めん街道「せたが屋」でランチ♪

 とある休日。
JR博多駅の麺街道へ出没。
「せたが屋」へ入ってみた。

食券をぽちっとな。
白と黒のコントラストが特徴的な、
ラーメン屋にしてはカフェっぽな内装だった気がする。
卓上調味料の「ガツン汁」ってなん?!
目をひきます。
1.jpg

魚介出汁に豚骨、鶏ガラの旨味を加えた醤油ラーメン・・
「せたが屋ラーメン¥1030(税込)」いただきまーす。
ぐっ、なんなん??この許容範囲を超えたうまみ成分。
グルタミン酸、イノシン酸が暴れまくってる感じ。
ちょっと味覚が崩壊しそう。
脂っこいとは違うのでくどくはないけれど。
だからといってまずいってわけじゃなく、
なんかインパクトが強すぎて味覚がびっくりしてます。
刻んだ玉ねぎを入れると、さっぱり感が加わりいい感じ。
2.jpg

「つけ麺¥780」の方が女性向なんだろうか。
クエン酸みたいな感じがあるからさっぱりしてて、
こっちの方が食べやすかった。
麺もつるりとのど越し良く、美味しかった。
3.jpg

食べ終わった後も舌がピリピリ。
でも、また食べてもいいかも?!
ジャンキー笑
4.jpg

【店名】せたが屋
【住所】福岡市博多区博多駅中央街1-1 2F(博多麺街道)
【電話】092-481-4558
【営業】11:00-23:00
【定休日】無休
【備考】お店情報⇒<HP>/食券制/子供用食器有/



2015年04月22日

休日お手軽ランチ「長崎亭 薬院店」

 とある休日。ランチにヅーレで
ピザ レボ」へ行こうとしたら、やっぱり満席であせあせ(飛び散る汗)
んじゃ、
直ぐ近くの、帰りに子供にキャンディをくれる「一風堂」へ向かったら、
行列で(汗)
んで、これまた直ぐ近くの、10年前位に福重で食べたっきりの「長崎亭」へ行く事に。
こちらも人気ですが、どうにか入れまして、
やっとランチにありつけますた。

店は縦長で、手前カウンター、中央テーブル席。奥に座敷がありまして、
2つあるうちの片方へ着席。
床がちゃんぽんの脂で!?ぬるんぬるんしてるので、
滑らないようにご注意ざます。
お手洗は奥、左手。

「ラーメン¥500」と「野菜炒め¥600」と「焼豚¥600」ぐらい?
皿うどんとかはないのね。
シンプルなメニュー表でございます。
やっぱ、「ちゃんぽん¥600」。
いただきま〜っす。
っと、言いたいところだが、子供によそってハフハフしてから〜
麺好きの彼はこの頃食べる量が半端なく、私の麺が半分にあせあせ(飛び散る汗)
「大盛ちゃんぽん(玉子付)¥830」にしようとしたけど、
連れが替え玉の方が安いよと言ったので却下あせあせ(飛び散る汗)
後で替え玉してやるっ。
豚肉は存在を感じる厚みで、(たまにこれだけかって処あるから〜)
肉と魚介、野菜の旨味がしっかりスープにとけだしうまい♪
塩コショウ効いていてはっきりした味ですね。
1.jpg

「餃子¥300」は手ごろな大きさで、外はパリパリ中はジューシー。
2.jpg

「替え玉¥50」はちゃんぽんでもラーメン玉なんですね。
ラーメンも食べた感じでお得な気分
3.jpg

いや〜満足、満腹♪
御馳走様でした〜
思ってたより、子連れで入りやすいね。
3.5.jpg


【店名】長崎亭 薬院店
【住所】福岡市中央区薬院1-7-17
【電話】092-791-7115
【営業】11:00-24:00
【定休日】正月除き年中無休
【備考】お店情報⇒<タベログ>/本店福重/子連れOK/子供用食器有/P無/



2014年09月12日

子連れにやさしい ラーメンかなで食堂

 前、一人で入ったとき子連れが沢山でびっくり。
今度は家族で行こうと決めておりました「ラーメン かなで食堂」。

11時半過ぎに着きましたが、駐車場はほぼ埋まってました。
人気ですね〜
0_mini.jpg

入口はみぎはしで、左側に縦長。すぐカウンター席。
その奥にL字小上がり、テーブル席4つ位だったかしら、そちらに。
子供用の椅子すでにおいてあり助かります。

そしてメニューにも♪激安。
「お子様セット¥150」10歳以下限定。
そしてがちゃがちゃ一回分のコインもついてくる。
そーいや、入口にあったんですよね・・
息子がそこに居座って1分ぐらい動かなかった(汗)
コイン制だから何かなと思っていたら、
ラーメンセットのおまけだったとは・・危険です(笑)

窓際には小さな車のおもちゃが何台もあり、
息子は夢中・・これも危険です(笑)
絵本も置いてあるんですよ。

幼児ってネギとか嫌いだから入ってないの助かります。
チャーシューは下に沈んでました。
食べやすいように小さくしてるのかな。
とんこつ濃いですが脂まみれじゃないので、
子供も好きみたいでバクバク食べてました♪
3_mini.jpg

各テーブルには「濃厚ぷあーる茶」の濃いエキスが醤油さしに入れてあって、
水に適量入れるとたちまち、プアール茶に♪

私は前回量が多そうで断念した、
「濃厚ラーメン+チャーハンセット¥850」を。
ちょっと黒っぽいのはタレが強めなのかな?
と思いましたが、そうでもなく喉もそこまではかわきません。
やっぱ、豚骨の濃いのはうまいな〜
1_mini.jpg

2_mini.jpg

連れは「とまとんこつ¥730」。
こってりな豚骨をトマトの酸味がやわらげ美味しかったです。
トマトラーメンを昔宮崎市内で食べたことがあって病み付きになったことがあるけれど、
今もなるのかな・・
合いますよねトマトとラーメン。
4_mini.jpg

壁にはいろいろと美味しいのうんちくが書いてあり、
気合のはいったラーメン屋さんです。
御馳走様でした。
今度は「担担麺¥690」を食べてみよう♪


【店名】ラーメン かなで食堂
【住所】福岡県春日市須玖南1-182
【電話】092-558-8727
【営業】11:00-22:30
【定休日】火曜日
【備考】お店情報⇒<blog>/駐車場8+2台/子供用食器何も言わずに出てきます♪/椅子有/替え玉¥110/一口餃子¥320/生ビール¥420/

2014年08月07日

IPPUDO TAO FUKUOKAへ子連れ入店

 ちょっと前の休日。昼時ラーメン啜ろうとなって、
「一風堂」を目指した。子連れでも入りやすいから。
天神のはずれのあそこだったら、本店より混んでないよねきっと。
と、店の前につくとあれ?こんな店でしたっけ?
育児で外界との接点が減ったので、かなりのタイムラグが(笑)

恐る恐る入ると、にこやかな店員さんが心よく招き入れてくれた。
ほっ。
ベビーカーは店が狭いのでたたみました。
子供用の椅子はないけれど食器はあって、
何も言わなくても持ってきてくれるのがうれしい一風堂。

店内は和太鼓で有名なTAOの写真やら衣装やら、ばちもあった。
赤と黒で目がちかちかする内装だった。
ハードロック的だが和。た、太鼓が天井ぶら下がってマスカラ。
0.JPG

「TAO豚骨¥680」頂きマース。
クリーミーな豚骨。一風堂とどう違うとかわかんないぜぃ。
子供に食べさすのでバタバタでして・・
子供が食べるからバリヤワにして、替え玉は好みのカタメンだいっ(><)ノシ
1.JPG


【店名】IPPUDO TAO FUKUOKA
【住所】福岡市中央区天神1-13-13
【電話】092-738-7061
【営業】11:00-24:00/金土祝前-翌2:00
【定休日】無
【備考】お店情報⇒<HP>/子供用食器有椅子無/

2014年08月05日

かしい亭でラーメン啜って花火大会へ行く♪

 休日、なぁんか〜主人が出かけたそうにしていた。
んで、どっか行きますか?と調べたら「直方の花火大会」があるよとなり、
出かけることになった(汗)
子供が小さかったから避けていたのですよね花火。2歳半・・もう大丈夫??


東区辺りでさくっと御飯する事に。
「名島亭」は子連れな雰囲気じゃないよね?と、
JR「福工大前駅」近くの「長浜ラーメン かしい亭」へ向かった。
みそラーメン屋とかも近くにあったけど、やっぱ豚骨がぁ食べたいです!!


駐車場は満車。人気です。しばし待つと1台出て行った。ラッキー♪
4.jpg

赤い看板に黒っぽい外観ですが、中は白ベース。広々として学食みたいな印象。
水はセルフサービスで、お漬物とかが自由にとれるスペースの隣に設置(卵は有料)
子連れから年配の方からヤングまで客層ひろし。
子供用の椅子と、食器もあってありがたい。
3.jpg

私は単品「ラーメン¥500」を。
いただきマース♪ まずはスープを・・うん!いい感じ♪
ずずっと麺もすすって〜うまい。
醤油ダレのきいたのより、豚骨が前に出てるのが好きなので。
それに、そんなに脂っこくないから子供も年配の方も楽しめそう。
1_mini.jpg

連れは「ラーメン餃子セット¥650」を。
ぱりぱり餃子をお裾分け。
2_mini.jpg

満足♪ 夜は夜でお得そうですね。
御馳走様でした。
5.jpg


【店名】長浜ラーメン かしい亭
【住所】福岡市東区和白丘4-20-30
【電話】092-285-0354
【営業】11:00-22:00
【定休日】木曜日(祝日の場合翌日休)
【備考】お店情報⇒<グルナビ>/P有表5台,裏5-6台/子供用椅子,食器有/もやしラーメン¥600/学割ラーメン¥400/夕方タイムサービス/

2014年05月23日

安全食堂のチャーハンに唖然

 友達が糸島あたりへドライブ行く機会があると、
よく「安全食堂行く?」と聞いていた理由が、
目の前に出されたチャーハンを見てやっと理解できました。
半端ない量にしばし唖然。
そりゃ、この量一人じゃ完食出来ねぇーーです!納得。
そして店の回転が遅いなぁと感じていた理由もコレ・・
これに時間がかかるのね。

そのアツアツの出来立てをハフハフ頬ばる。
チャーハンうまぁっ黒ハート
いや〜テフロン加工では真似出来ないこの風味。
やっぱ鉄ですよ、鉄。
田舎で太陽をたくさん浴びて育ったような元気っ子。
天気のいい日に干した布団に顔をうずめた時の幸福感。
そんな事を思いながら食べたのであります。
2.JPG

ラーメン(500円ちょっと)は昔ながらの博多ラーメンという印象。
ちょっと塩分が濃いく感じるのは、すみません私が薄味好みだからです(汗)
チャーシューおいしい。ほっとするなぁ。
1.JPG

いやぁ〜おいしかったです。
連れがちゃんぽん食べてたけど、これは好みが分かれるところかもしれません。

帰るときもまだ行列が。
確か休日の14時近く。
駐車場広いのにずっと満車状態。

子連れもOK.子供用の椅子やお皿もある。
人気店のためカウンターじゃなかったら相席になる可能性大なんですが、
それもすんなり許せちゃう人情味のあるお店でした。
御馳走様でした。
0.JPG




2014年05月02日

博多めん街道 博多純情らーめんShinShin

 ある日のお昼時、博多駅のめん街道へふらり。
博多純情らーめんshinshin」に並んでみる。
家族連れやら、おじさんおばさんとか色々な世代の方で店は満席。
隣の「新風」に比べたら全然広い。

「ちゃんぽん」とかあったけど、まずは基本を頂こう。
「ラーメン¥600」カタメンで。
ずず〜っとススル。
飲み干すにはちょっとスープ塩分濃いかしら。
「半チャー¥+250」もちと味濃いかな。
1.JPG



2014年02月06日

ラーメン力ってみた休日

 2歳の息子は麺類大好きです。
寝起きの機嫌が悪いです。
集中すると返事をしてくれません。
・・・私にそっくり。 
可愛い(#^^#)ノシ

んが、そんな自分が二歳児程度なのか悩むこの頃デス。

そんな麺好きの彼を連れて行った北九州市八幡東区の「ラーメン力」。
子連れおっけーでしたので。
「ラーメン¥500」
1.JPG
こってり味もなんのそのパクパク食べてた。
チャーシュー丼?!みたいなのは私には味が濃すぎたな。

11時開店でしたが、既にお客がならんでました。
駐車場が狭くて3台しか止められないのでご注意。
いつぞやのラーメン総選挙一位。
人気ですね。
天井高くてポスターが色々貼っていて、
なんか独特の雰囲気・・ご馳走様でした。
0.JPG


その後、
北九州市立いのちのたび博物館へ。
エンバイラマ館の暗さと音と動く恐竜にビビッて泣く。


2013年05月06日

味のかつえだで人気のちゃんぽん

P1030305.JPG【店名】味のかつえだ
【住所】福岡市中央区平尾3-7-22[MAP]
【電話】092-523-0296
【営業】11:30-15:00/18:00-22:00
【定休日】日曜祝日
【備考】とんかつ・ちゃんぽん/P有/子連れOK/


 行きたくなるのがなぜか定休日で、なかなか
縁のなかった「かつえだ」へやっと行けました。

遠い昔のことさ〜
ちゃんぽんが人気になる前に「ひれかつ」を食べたようなないようなあやふやな記憶。
その頃とは改装してるからか違う店にきたみたい。
っていつの記憶やねん〜(意味なく関西つっこみで失礼)

バリアフリーで子連れも年配の方も多々。
お客さん多いのでさくさくっと食べて出ないとなぁ感あります。

そしてお客の7〜8割が食べているのが「ちゃんぽん¥735」(^^;)
こことんかつ屋だよね〜と思いつつ。
いただきます〜!!
むむ!このスープは〜(^m^)
普通のよりもう一層深みがあります。色はなんだか黒っぽい。
市販のスープの上をいく味であります。男の人好きそう。ちと塩分濃いかなー。
食べ終わってもついついスープを飲んでしまう後を引く感じ。
麺は記憶があいまい・・
P1030149.JPG

ランチのとんかつも頼んだのですけど、
たまたまだったのだろうけど半分くらい脂身で・・

ちゃんぽん人気の理由がよく分かりました〜。

ご馳走様でした♪



2013年04月11日

つけ麺海鳴で啜る

0.JPG【店名】つけ麺海鳴 平尾店
【住所】福岡市中央区平尾2-4-9[MAP]
【電話】092-521-6777
【営業】11:30-翌1:00
【定休日】水曜日
【備考】'13/3OPEN/


 オープンしてまもない「つけ麺海鳴」へ行ってみた。
食券機で「黄金の鶏白湯つけ麺¥800」をポチッとな。
「鶏魚介ラーメン¥700」も気になったけど、まずはつけ麺ですかね〜

ドレッシングのかかった麺が特徴的。
それを白湯スープにくぐらすとなんともそそられる味付けです。
がつがつ〜っと食べちゃいました(苦笑)
美味しかったけれど、半分はなんにも付いてない麺で食べたい気もする〜。
1.JPG
今度はラーメンをすすりたいな。
ご馳走様でした。



2013年01月31日

平尾へ移転した未羅来留亭へ

0.JPG【店名】未羅来留亭
【住所】福岡市中央区平尾1-9[MAP]
【電話】092-515-4434
【営業】?
【定休日】?
【備考】'13年閉店'13年2月28日まで替玉1個無料/生ビールセット¥850/明太ご飯セット¥680 ※閉店


 西新にあった「未羅来留亭」が平尾にオープンしてる?!
ちゃりんこキコキコ高宮通りを北上していると平尾北の交差点で
看板に釘付け。
ず〜っと行きたいと思っていたけれど、西は遠くてご縁がなかった。
そんなラーメン屋さんが自ら来てくれるなんて嬉しい黒ハート

ここ以前も何軒かラーメン屋さんで店の雰囲気は以前の濃い色合いのままかな。
レンガと濃い茶色の板。テーブルもイスも同系色。
右側の壁にお店の紹介文があって、平尾に移って自家製麺になったことや、
スープやチャーシューについて書いてある。

食券制。
ご飯類はご飯とめんたいご飯とカレーのみ。チャーハンはない。あと餃子。
「ラーメン¥500」をポチッとな。
’13年2月28日まで一杯目の替え玉が無料サービス中♪

何気にセルフのお水を飲んだら美味しいお水でびっくり。
気のせいだったかもしれないけど(笑)
山の中でのむ湧き水の清々しさを思った。

固めんでいっ。
わ〜スープが赤っぽい?!ずずっとすするとわ〜っ(#^0^#)
醤油が強いのかなと思ったけれど塩が来る〜。
ど豚骨じゃないので、高菜や紅生姜や胡麻やら置いてあるけど、
まずはこのままで一杯目は食べきりたい気持ちにさせる。
スープの実直さ。いろいろ入れて旨味成分がきつくなり過ぎたラーメンとは違い、
素材ととことん話し合ってできたようなスープ。
人によっては物足りなさを感じるかも。
でもこれはここでしか味わえない気がする。
麺も調和がとれて全体的にほっとする。
化学調味用を感じないというか・・分からないけど。
1.JPG

餃子を単品で頼む。にんにく入ってる。
2.JPG

気付けば通いなれた風のお客さんがちらりほらり。
ずっと続いて欲しいな・・また行こう。
ご馳走様でした。



2013年01月15日

卯年のお初ラーメンはラースタ

 ラーメンが食べたい。
キャナルに連れの眼鏡を買いに行くついでにラースタでお昼する事に。

久方ぶりに来たらテナントが大分変わっていてzoffにたどり着けない(汗)
その前にラーメン啜るゾゥ♪
私的に大好きな「鹿児島ラーメン 豚とろ」。
「豚とろらーめん¥650」
鹿児島で食べた時よりにんにくが効いているような。
とろとろのチャーシュー好き。
替え玉があって、おまけに細めんでえ〜っなんで??と思ったけど。
(鹿児島に替え玉文化はないからさ)
これはこれで悪くなかった(^^;)
P1030012.JPG

ここへ来て一杯で終わるなんてもったいない話だ。
さて、もう一軒行くぜぃ。「金澤濃厚中華そば 神仙」へ。
「濃厚豚骨醤油中華そば¥650」を頼む。
出てくるのに結構時間がかかった。スープがぬるい。
超濃厚ド豚骨と書いてあるけど醤油が強くて豚骨がちと遠い〜。
それまでなんとか大人しくしてくれた息子がタイムアウト。
きょ〜っ、コップ水がはいってるよ〜っ
こぼれるから〜っ
ラーメン一杯味わうのも一苦労。
でも可愛いからなんてことないぜぃ黒ハート(><。)
P1030013.JPG

2012年05月28日

藩陽軒 春の町店

【店名】藩陽軒 春の町店
【住所】北九州市八幡東区春の町4-1-4[MAP]
【電話】093-863-0039
【営業】11:30-15:00/18:00-25:00
【定休日】不定休
【備考】昭和31年創業/子供OK/





 用事があり北九州へ自動車で向かう。
チャイルドシートの彼は、
過度のGにまだ慣れなくて、カーブの度にぎゅっと私の手を握り締める。
大丈夫だよと声をかけ、そっと頭をなぜる。
そんな事を何度か繰り返し目的地付近へ到着。
時間がなくてさくっと麺でもすする事に。
古びたラーメン屋発見。
隣の駐車場に一台だけスペースがあるとのこと。
おまけに子供オッケー。

狭いカウンター席をすりぬけ、奥にひとつだけあるテーブル席へ。
テーブルの上はべとついてるような・・
昔ながらの男性客相手のラーメン屋さん。

ベイベをあやしながら、
片手で「ラーメン¥500」をすする(汗)
子供ができてから早食いになりました(^^;)
てか、産後初ラーメン屋がここ?!
昼はプラス¥100で半チャーセットだったかしら。

さらっとしたトンコツですね。
スープにそれほど主張があるわけでもなく。
なんだろ、マ○タイの棒ラーメンみたいな!?
北九州のラーメンってこんな感じ?
福岡とは違うんだぁ。
P1020344.JPG

ベイベはいつも店の中では圧倒的にぐずらない・・なぜだっ。
ありがたいと思いながらも、
他のお客さんの邪魔にならないように速攻で店を出る。


2011年05月07日

ラーメン仮面55(日営)

0.JPG【店名】ラーメン仮面 55(PAHAPAHA)
【住所】福岡市中央区薬院2-13-33[MAP]
【電話】092-714-5552
【営業】11:30-22:00
【定休日】月曜日
【備考】'10.12.15OPEN/エスニックラーメン¥650/禁煙/女性独りでも入れそう/





 なかなか美味しかったよと、連れられてきたのは、
「ツナパハ」「ヌワラエリア」系列の「ラーメン仮面55」。
ゴーゴーとは読まないのね(^^;)

エスニックなラーメンかぁ〜辛いの苦手だからなぁ〜どんなんやか。
ドキドキ。
ありょ?入口に子連れのお客さんが・・そんなに辛くないのかな?

縦長の店内はまるでカフェのような内装。
普通は手を抜く天井も板張りで気合が違います。
スタッフさんも女性で、女性は断然入り易いですね。
椅子もよく見ると色々な形があってオサレ。ここにも気合感じます〜。
太っちょさんにも良さそうな幅広な椅子が奥に。あそこに座ろうか(笑)

化粧室は奥左手。
ここも板間で和食屋?と思うほどのすっきりデザイン。
なんか、薬院12丁目って、カフェっぽい麺屋多くない?
「うどん杵むら」さんとか〜他は、え〜っと(^^;ゞ


呑まなくていいの?と言われると飲んでしまいます(汗)
「生ビール¥525」で喉を潤す。
1.JPG

「パニックラーメン¥800」ってのも在りましたが、
味覚がお子ちゃまな私は、辛さでパニくりそうでもちろん却下。

一杯は「醤油ラーメン¥650」をお願いする。
=鶏と野菜といりこだしのしょうゆラーメン(HPより抜粋)=
和一直線な味そうだけど香草がのっかっててアジアンちっく。
麺がね〜ごわんとゆるく縮れた感じがある。
麺はどれも共通なのかな?
2.JPG

では王道「エスニックラーメン¥650」をば。好みで辛いの入れて調節してね。
=チキンと鰹節だしにスパイスが香るピリリと辛いラーメン(HPより抜粋)=

おおぅ、香りがたまらない〜(><)
いただきま〜っす。ずるずる〜スパイシー!!!
ココナッツ風味がぁ〜くる〜くる〜まろやか。
ハフハフっ〜嫌味にならない甘さけど辛い。
コレくらいの辛さなら大丈夫だ。
ずるずる・・・美味しい黒ハート黒ハート

こ、これ普通にライスと食べたい!!と思ったら、
あれ・・あるじゃないですか「スープ×ご飯¥500」。
じゃぁ今日は「ライス小¥100」で〆ちゃいますかっ。
ほぼスープ飲み干す(^^;)完食っ!!

わ〜嫌いじゃないなエスニックラーメン黒ハート
無性に食べたくなるときがありそうな、癖になりそうな予感。
エスニックは好みによって好き嫌い分かれそうですが。
3.JPG

新作「おつまみ ぽっぽしゃん¥500」
=酒蒸ししたチキンをゆず胡椒としょうゆユドレッシングで召し上がっていただく
ヘルシーながら非常に美味な一皿(HPより抜粋)=
き、気になります。
4.JPG

レジにて発見。
ノスタルジックなイラストの「インスタント ラーメン仮面¥315」
思わずパシャリ。
5.JPG


百円募金中(April・May)6記事×¥100=¥600







2011年03月31日

中華そば鶴と亀

0.JPG【店名】博多発祥中華そば 鶴と亀
【住所】福岡市中央区高砂1-12[MAP]
【電話】092-531-5577
【営業】11:00-21:001/金土11:00-24:00
【定休日】日祝日
【備考】中華そば/15時を境にライス物の値段がUP/おつまみメニュー15時〜/




まだ、震災の起きていないとある休日。
豚骨ラーメンじゃないラーメンが食べたくなってやって来た「鶴と亀」。
縁起のいい店名ですね。

店の前の看板に大きな字で「天草大王」の文字。
それでスープをとった金土限定「天草大王のスープの中華そば¥700」
それを頂く事にしようかな。
別皿で九条ネギがたんと付いてくる。お好みでどうぞとの事。

ずるずる、すっきりとしながらもコクがあって旨かった。
麺も後半だれることなくいただけました。
豚骨じゃもたれちゃうな〜という時いいかもね♪ 
1.JPG

壁のメニューを見ていると色々メニューがあります。
麺もさることながら、つまみメニューも多い。

「博多発祥中華そば¥600」は「鶏がらスープを白濁なるまで煮込んだスープ」で見た目はとんこつっぽいらしい。
「中華そば¥550」は王道の鶏がら。西新屋台村で行列が出来た生スープ。一日20食限定。

「替え玉¥100」は中華そばはありません。と表記があったけど、王道の鶏がらだけがないってことなのかな・・あと、大盛りはどれでもできてこれも¥100。

黒色がベースの店内は2階席もあったけど、大将一人でやってる時間帯なのか(14時は過ぎてたな)、1階のカウンター席に通された。階段も干渉しているので狭い。隣の席が近く感じるので、女性だけだとちょっと入りにくいかもなぁ。二階席が使える時間帯だったらよいのだろうけど。
男性ならひとりでも遅い午後にひょっこり、
ちょこっと呑んで麺で〆るなんてよさげなお店です。

カウンターには標準語な喋り方の男性が中華そばを啜っていた。
福岡に転勤になったけれどどうしても豚骨ラーメンが口に合わない。
そんな人のオアシスだなぁと思ったりした。

ご馳走様でした。

百円募金中 (March)3記事×¥100=¥300



2010年10月07日

二男坊 ラースタ店(無休)

00.JPG【店名】らーめん二男坊 ラースタ店
【住所】福岡市博多区住吉1-2キャナルシティ博多内ラーメンスタジアム2[MAP]
【電話】092-283-1911
【営業】11:00-23:00
【定休日】無休
【備考】次世代大陸ラーメン亜細亜¥700/福岡ラーメン総選挙第1位('09末)






いい気分で「麺屋いろは」を出ると、「ラーメン総選挙1位」ののぼりが目に付く。
二杯目は豚骨っちゃおうか!となり、お隣の「ラーメン二男坊」へ並ぶ。

「炙り肉めし¥350」を頼んだら、ご飯が一杯も分なくて、次の炊き上がりまで時間がかかるので、キャンセルか、少なめでもよかったらジュースを一杯サービスさせていただきますの事。
それでいいですとお願いする。

接客は気持ちよかったのだけれど・・
11.JPG

「ラーメン¥580」きました♪
おお、濃いそう。
いただきます〜ズルズル!!
・・・・む〜ん。
ずるずる・・む〜ん・・これはスープが濃厚。
骨髄の「ズイ」の味が強烈過ぎて駄目だ(- -;)
た、食べられない・・・う〜う〜。

男性だったら問題なさそうだが・・・女性は苦手な人が多そうな味。
隣の男性客は美味しそうに食べてました♪

好みの問題で大変申し訳ないデス(- -;)

ビールが写ってるけど気にしないでね♪
10.JPG



2010年10月05日

富山ブラックいろは ラースタ店(無休)

0.JPG【店名】富山ブラック麺屋いろは ラースタ店
【住所】福岡市博多区住吉1-2キャナルシティ博多内ラーメンスタジアム2[MAP]
【電話】092-262-2066
【営業】11:00-23:00
【定休日】無休
【備考】黒醤油ラーメン¥750/つけ麺¥900-





え〜っと久しぶりに「ラースタ2」へ行ってみた。
富山ブラックなるラーメンを食べてみたくて。
食券機の前で相当悩んでポチッとな。
人気ナンバーワンと書いてある「ネギ玉ラーメン¥950」の
「ねこまんま付¥1050」を♪

ラースタって二人で一杯頼んでもへっちゃらなんだね。
もう一件行こうかという事になってそうする事にしたのさ。

カウンターで待ってる間に周りをきょろきょろ。
3.JPG

メニューでねこまんまの仕方を予習。
ふむふむ。
「黒醤油スープのはなし」も読んで準備おっけーよ!
1.JPG

きました♪ 
お〜色黒い。でも五行のラーメンで見慣れていたので、
そこまでのインパクトはない。
豚骨臭に慣れていると、魚種を使った黒醤油とにぼしの匂いが鮮烈。
いただきま〜す。
ズルズル・・・
ほ〜これはあっさりしているけど物足りないわけじゃなく、
しっかりとしたダシの旨味があって新鮮だなぁ。
豚骨スープも入っているからか、中華そばよりも親近感がわくようだ(笑)
麺もすごく合っていた。

それではねこまんまを。この青海苔がかかっているのとないのでは違うなぁと美味しくいただいたのであった。ご馳走様でした♪ 美味しかったです黒ハート 
じゃ次は何処のラーメンにする?!
2.JPG




2010年10月04日

ラーメン一味本店 (無休)

0.JPG【店名】ラーメン一味本店 -いちみ-
【住所】福岡県久留米市北野町中913-2[MAP]
【電話】0942-78-5399
【営業】10:30-20:00
【定休日】無休
【備考】餃子¥300/ホルモン¥160/






夕暮れ時、場所は久留米市内。
とおり沿いに住宅や会社ばかりが続く二車線道路を走行中。
周りは田んぼばかりで灯りも少なくなんだか寂しい。
ここいらに本当にラーメン屋さんがあるの?
と言いだしっぺに話していたら小さい看板を発見だぁ〜!!!

うぉ〜っ、テンション上がります d(( ̄□ ̄;))b

「小財スチール物流事業部」とう会社のわき道へ入ると、広めの駐車場が。
ラーメン屋の駐車場かな?その先建物に隠れるように引っ込んた「ラーメン一味本店」発見であります(涙)

通りに面していたら目立ちそうな店構えなのに、
あえて隠れてる感もして初めて行って見つけたときのうれしさ百倍。

入ると、向かい合わせのカウンターと奥に座敷3つとテーブル席。
右手に厨房。
2.JPG

じゃぁ早速ラーメン、オーダーしよっか♪
「ラーメン¥450」「のりラーメン」「きくらげラーメン」「もやしラーメン」も同価格。

辛い薬味のがついてるのね。
薬味の加減を選んで麺の固さと伝える。
3.JPG

「ラーメン¥450」きました♪
麺がすごく細い!ソーメンみたいだ。
いただきます〜ずるずる。
豚骨の脂もすっきり、まろやかに整ったスープを確かめた後、
薬味をちょこっと溶かしてみると。わっ、唐辛子辛い(><。)
こ、これは〜辛いのが得意じゃない人は普通でも多いくらい。
私なんかは少な目で十分だ。

ふ〜満足。ごちそうさまでした!
1.JPG

この黄色いのは漬物の千切り?
紅生姜と同じような感覚で使うのかな?
4.JPG







その日の話ね。
何気に隣の車線を見たら「555」「666」のナンバーが並んでたの。
P1080782.JPG

その三台先には「999」が(^0^;)ノ
P1080786.JPG

夜にはなんと「6666」が2台つづけて( ̄▽ ̄;)
0.JPG

そして福岡市内に入って対向車線に「333」と「888」を何気に確認!!
それも連続で。

なんかどーでもいい話だけどそのときは盛り上がった(笑)

2010年09月09日

鹿児島ラーメン豚とろ 姶良店(無休)

0.JPG【店名】鹿児島ラーメン 豚とろ
【住所】鹿児島県姶良市東餅田937-1[MAP]
【電話】0995-66-2200
【営業】11:00-21:00
【定休日】無休
【備考】至福の豚とろチャーシュー/<HP>





 高速道路で車を飛ばしていると、
アスファルトにうっすら積もった灰が舞いあがるのが分かる。
わ〜灰だよ〜わ〜久しぶりとはしゃいでいると、
雨が土砂降りになってきて汚れた窓ガラスが綺麗になった。
桜島の灰がふってくる鹿児島。洗濯物が外に干せなかったりする。
結構大変なんです(^^;)


一般道へ降りて、目的地に着く前にお昼でも食べようか♪
とまたもやラーメン屋へ(苦笑)
昨日に引き続き今日のランチもラーメンだぜ。

12時になる前に入ったのだけれど、既に行列が出来てて吃驚の「豚とろらーめん」
そんなに美味しいのかな?とカウンター席へ。

こんなのが貼ってある。
チャーシューに豚とろ使ってるからこの屋号なのねん。へ〜。
2.JPG

昨日と同じく、大根の浅漬けをぼりぼり食べながらしばし待つ。
1.JPG

きました〜「豚とろラーメン¥650」♪

今日も、
写真を撮る私を不思議そうに見守る父、でも無言(笑)

わ〜結構スープが多いね。
HPの写真とは大分違うなぁ
それでは頂きます。ずずっ!!
こ、これは、好きかもです黒ハート
のっかっている揚げネギに甘味と旨味があり揚げた風味もあいまって、
雑味のないすっきりとしたスープにいいアクセントになっている。
太目の麺も味にすっごくなじむ。
のぺ〜っとなりがちな豚骨スープに揚げネギがいいんだなぁ〜☆

そしてこのチャーシューも過言ない、とろんとろんだよ〜お口でとろけるよ黒ハート
3.JPG

思わぬ美味しさに行列ができるのも納得。
ご満悦で店をでる。

えっと次の日も帰りの鹿児島空港でラーメンを食べまひた(汗)

余談だけどタッチ&ゴーで初めて携帯電話を使用♪
搭乗手続きなしで手荷物検査へ。
とっても楽ですね(^^)
早くニモカも携帯アプリできないかしら。

ついでに言いますと、
次の日は福岡のラーメンが恋しくなり、そしてまた次の日も・・(汗)
5日連続、豚骨ラーメンになりました(#^0^#)v



タグ:鹿児島県

2010年09月08日

ざぼんラーメン アミュプラザ店(無休)

0.jpg【店名】ざぼんラーメン
【住所】鹿児島県鹿児島市中央町1-1
アミュプラザ鹿児島B1F[MAP]
【電話】099-812-7058
【営業】11:00-21:00
【定休日】無休
【備考】‎JR鹿児島中央駅(旧西駅)隣接/喫煙不可





 私の故郷、鹿児島へ久方ぶりに降り立つ。
いや〜ほんとご無沙汰してましたJR鹿児島中央駅(^^;ゞ
昔は「西駅」っと言っていたので、「中央駅」といわれても未だにピンとこない(笑)

お父様が迎えに・・ちぃさくなっていて胸がいたい。
腰が悪いのに私の荷物を絶対に持ってくれるんだよね・・
幾つになっても親にしたら子供は子供なんだな。

そして父ひとりの時は必ずラーメンを食すのが、
私達の暗黙のルール。
麺好きは父の遺伝であった(笑)
お酒好きも

鹿児島中央駅に隣接した商業施設「アミュプラザ鹿児島」。
真上にそそり立つ観覧車が目印。
2004年にオープンしたんだけどまだ入った事ない(^^;)
地下のレストラン街でラーメンを探す事に。

むむ!懐かしい!「ざぼんらーめん」があるではないですかっ。
むか〜し、与次郎ヶ浜で食べたような・・入ろっか?お父さん。

ラーメンが来るまでに大根の浅漬けを食べる。
蕎麦うどん屋さんでも同様の大根の浅漬けがあったりして、
(鹿児島は蕎麦屋とうどん屋は一緒になったドライブイン形式の店が多い)
料理がでるまでそれで間を持たせるのだ。
・・鹿児島の人ってせっかちなのかも(^^;)
でも土地柄、
まずはお茶と漬物でもてなすっていうのもあるからな。
ちなみにココのは塩が薄すぎて醤油をプラス。
1.JPG

きました♪
店のおばちゃんが「そこから混ぜて食べて下さいね」って言うんだよねざぼんらーめんは。
800円位だったかしら?
鹿児島のラーメンは福岡みたく安くかろううまかろうではないかな。
麺も太いしね。

写真を撮る私を不思議そうに見守る父、でも無言(笑)

それでは頂きま〜す♪
ずずっう〜ん!これだな〜なんかほっとする味。
クリーミーで豚骨以外のダシも効いてて、もやしとキャベツと。
ふ〜ぁ〜帰ってきました!我がふるさとの味。
2.JPG

店を出て「こむらさき」がある事に気づく。
ガーン!
こっちが食べたかったかも・・( ̄▽ ̄;)



タグ:鹿児島県

2010年08月30日

博多新風 博多デイトス店(無休)&高宮本店

0.JPG【店名】博多新風 博多デイトス店
【住所】福岡市博多区博多中央街1-1
博多駅内博多デイトス2F[MAP]
【電話】092-475-8239
【営業】11:30-22:30
【定休日】無休
【備考】麺街道/半カレーセット[ラーメン]+¥200/白ご飯付餃子セット[ラーメン]+¥200





 博多駅に野暮用を済ませ時間も遅いし、
さくっと麺でも啜って帰ろうと「麺街道」へ。
オープンして大分たつけれど、まだどこにも入ってなかった。
1階の「ほろよい通」には何度かお邪魔してるんだけどね(笑)

「新風」へ。
食券機でぽちっと購入して入る。
女性一人だったから空いてる二人掛テーブル席へ通された。
黒っぽいカウンター席では太っちょのサラリーマンが麺を啜る。
思ったより狭いお店なんだな。

お店の壁にオープンした時のお祝いをくれた方々ののし紙が飾ってある。
感謝の気持ちを忘れない、初心を忘れないようになのかなと思う。

「新風麺¥650」きました〜♪
器が本店より小さいかも?と思っても、メディアに紹介されて爆発的に行列が出来て以来本店にも行ってなかったからほんと久しぶり、数年ぶりの一杯であります。

ずるずるすすって、でもあれ?
こんな感じだったかなと思う自分がいる。

これは、本店にもっかい行かなきゃな。
1.JPG






0.JPG【店名】博多新風 高宮本店
【住所】福岡市南区高宮1-4-13
パルム高宮1F[MAP]
【電話】092-524-2426
【営業】11:30-15:00/18:00-23:00
【定休日】火曜日
【備考】禁煙/気持ち半分替え玉¥50/サービスセット¥800




 
そして、後日訪れた高宮本店。

こちらは食券機なし。
黒色のカウンター席のみの、こちらもそう広くないお店。
年季は入った感じになってきたね。

連れのラーメンをすすらせてもらって、
「つけ麺¥700」を食べてみたかったけど、完売。

「新風麺¥600」です。
麺は両方共通のものを使ってるんだよね。
スープもなのか分からないけど、こっちのほうが旨味を感じて美味しかった。
ああ、こんなラーメンだったよね。
1.JPG

「餃子(8個)¥350」は酢が効いたタレで頂く。
パリッとおいしかった♪
2.JPG

・・食べながら、「新風」がまだそんなにヒットしてなかった頃、
お店でラーメンの後、チャーシューとワインをゆるりと頂きながら、
店主さんとちょこっとお話してた頃を思い出していた。

あと「四郎」もさ。
友達と大橋で飲んだ後にひょっこりお邪魔して、
ラーメンの後、唐揚げをつまみにビールをのんでたんだ。
ここも行列が出来るお店になって、足が遠のいてしまったんだな。

店主さんをお見かけすることもなくなった。
あの頃を懐かしく思い出した。


人生って何かのきっかけで様変わりするものだよね。
振り返ると見えてくる人生の分岐点
それは誰にでもあるもので・・

この先にもあるもので。



2010年06月08日

ラーメン海鳴-うなり-(不定-27)

0.JPG【店名】ラーメン海鳴-うなり-
【住所】福岡市中央区清川1-2-8[MAP]
【電話】092-524-0744
【営業】11:30-15:00/18:30-翌3:00
【定休日】不定休
【備考】カウンターのみ/ランチ時ラーメン一杯につきご飯¥50/屋号のサーフィン豚がカワイイ





 珍しく豚骨ラーメンをご所望と言うことでやって来た「ラーメン海鳴-うなり-」。
「うなり」って読めなくて、ぱっと見、「なるみ」と認識してしまう自分の適当さが怖いわ(* ̄ー ̄*)へ
ごめんなさい店主さん・・

昼の遅い時間帯だったので、お客さんははけてたけど、私達が入ってから女性3人組みが入ってきた。
ど、豚骨屋さんにしては入りやすい内装です。オヤジ臭くないというか・・看板とかも古臭くないし。さっぱり小ぎれい♪
5.JPG

カウンターが高い位置にあるので、厨房が丸見えです。
緊張しないのかしらと思います。
比べるのもなんだが、わたしなら絶対だめ(*×*)

若干出てくるのに時間がかかります。それは、
適当に出したくないという店主さんの気持ちの表れかしら。

ちろちろ、店内を見回してると見慣れた屋号が・・こちらで修行されてたのですね★ こうゆうのかざるの店主さんの人柄が現れてるよね〜。
2.JPG

わっほ〜来ました♪
私はメニューの最初にある「魚介とんこつ¥700」よっ♪

いただきま〜す。はふっはっふ。
おう〜なんか麺の絡みがいいような〜濃厚な豚骨だなぁと思うけど、魚介の旨味が後味をあっさりとさせる。美味しい黒ハート

Kの「とんこつ¥600」を味見させてもらった。骨太とんこつ味だあぁ、味が深いね〜今度はそっちを食べようと思った。好みの問題だけど、多分女性は魚介が食べやすいかもと思もったり。
魚介と麺が違う??んん?

それでね、チャーシューが自分的にはみらくるヒット黒ハート黒ハート
じゅんわりとやわらかい肉が香ばしくって♪ヤバイ、これと「生ビール¥450」の衝動を必死に抑えたよっ(><)
だって前の日飲みすぎちゃったから、流石に自粛(汗)

がっつ、がっつ啜っちゃって一気にたべちゃいました。
だっておいしかったんだもん!!
3.JPG

久方ぶりの「海鳴替え玉¥100」だぁ〜きゃぁ〜
3.5.JPG

なんと、好みで焦がしてくれる!!いやん、こんなの初めて♪
ちょっと味見させてもらった。
うぉ〜焦げた感じが更に豚骨味を深くさせるような。
男性が好きそうな味エリアです〜後半は女性にはちょっとくどいかも(^m^;)
4.JPG

「つけ麺¥800」が、ああ、トッピングで「エビトマトのフレンチソース¥200」、「ジェノベーゼオイル¥150」がつけられる店だったのかと気づく。なんとなくそう思ってたんだけどうろ覚えで(><。)
自分の記憶力の悪さに、何度泣かされたことか・・(遠い目)

つけ麺の量に小盛110gがあるっ!!うれしい♪
こんどこれだな♪ チャーシューとビールのんでから(^m^)

美味しかったです♪ ご馳走様でした。

店主さんもブログやってるからか、ブログに対してすっごい柔軟性をもったらっしゃいます。そんなに構えないっていうの?和気あいあいとお話もりあがりました(^^)
私達がはじめたばかりの頃は写真NGとか、飲食店側も構えたりするところあったけど、最近は気楽に写真オッケーのところ増えたな〜。
なんか時の流れを感じた日でした♪
6.JPG



2010年05月09日

元祖長浜家(無休-24営)

0.JPG【店名】元祖長浜家(け)
【住所】福岡市中央区港1-1[MAP]
【電話】-
【営業】24時間営業
【定休日】無休
【備考】第三の元祖





やっぱミーハーかな自分(ーー;)ゞ はるばる南区から・・

長浜屋から意見の相違で→長浜家。そこでまた意見の相違→第三の店舗オープンってことなんでしょうか・・

つい行ってしまいました、第三の元祖(汗)


着いて吃驚・・「元祖長浜屋」も「家」も肉眼で確認できる範囲内。
近いデスネ。

食券を買って開いてるテーブルへ。同じように紅しょうがやら置いてある。新規オープンだけど新しさは微塵も感じない。
1.JPG

「ラーメン¥400」をカタメンで頂く。
スープが見るからに濃い色。タレがおおくて醤油っぽい。
個人的にはタレが多めはあまり好みではなかったり・・
豚骨が濃いほうが好き。

麺がなんか・・ソーメンを思い出すような。とにかくなんか違う。
・・・なんか違うって、でも何と比較してるのか自分。ふに。

「元祖長浜屋」がオープンしたら行かなくてはならいのであります。
2.JPG



2010年04月27日

ナンバーワン 祇園店(無休)(休前-26)

0.JPG【店名】長浜ナンバーワン 祇園店
【住所】福岡市博多区祇園町4-64
ニューウイングビル祇園 1F[MAP]
【電話】092-263-0423
【営業】11:30-翌0:00/金土祝前-翌2:00/日-22:00
【定休日】無休
【備考】ラーメン¥500/お土産ラーメン(2食)¥850





じゃぁ、もう1件目いっちゃいますかっ!!
と周りを見渡せばいつものメンツ(^^;)
みんな好きね〜といいながら、自分もなっと突っ込んでみる。

意気揚々と街をゆく我々だったが何処も満席でふられまくる。
意気消沈。
そんでもってたどり着いた「ナンバーワン 祇園店」。
テーブル席あいてるよっ!

「瓶ビール¥500」をついで貰うの図。
まだまだ呑みますよ、ハイ(笑)
P1060251.JPG

つまみは「ネギチャーシュー¥400」
中にはネギ。あっさりいだだける。
なかなかうまいよぅ。
ビールが進むぜやばいぜぃ♪
4.JPG

「手作りギョーザ(8個)¥350」は食べなかった。
5.JPG

〆の「ラーメン¥500」いただきまーす♪

ズルズル

ほ〜

呑んだ後の麺はなんでこげんとうまいトデスカ。
酔っ払ってたせいかしら・・
ひじょうにおいしく感じたわけであります。
6.JPG
7.JPG



2010年03月17日

元祖ラーメン長浜家 (無休-24営)

0.JPG【店名】元祖ラーメン長浜家
【住所】福岡市中央区大手門2-7-10[MAP]
【電話】-
【営業】24時間営業
【定休日】無休
【備考】月曜AM7時〜9時は清掃により入店NG




P1060302.JPGP1060303.JPG

 え〜っとですね・・・
MA氏と会う度に、一連の元祖長浜の話を聞いてとってもいきたくてウズウズしていた「元祖ラーメン長浜家」。ひょっこり行ってきました。

げげ、ほんとだ「屋」のまん前にある(^^;)すげ〜
むか〜し「屋」も食べてたけどもうあやふや。

P氏が車を止めてる間にひょこっと入ったら、いきなり威勢よく麺の固さをスタッフに聞かれた。不意の事でびびる!!
固麺でッ(><)ノシ
初めてなのに〜常連さんじみた注文できないッス(汗)

びびりながらも「瓶ビール¥400」をオーダー(^^;)
お腹がもっと減ってたら「替肉¥100」をあてにしたかったにゃ。
1.JPG

ここ照明が明るいね・・汚れが目立ちそうだけどテーブル綺麗。床はぬるっとするけど。なんか学食みたいな雰囲気。真っ赤なテーブルには、どでんとザルが置かれててプラスチックの湯飲みが山盛り。昔ながらのやかん。乱暴な紅しょうが。ごま。

厨房に目をやる。大きなテーブルに器がずらりと並べられてる。
流れ作業だね〜早回しをみてるみたい。
あっちゅうまに「ラーメン¥400」が私達のテーブルへ。

豚骨臭が独特、くんくん。
頂きます♪

ずるずる〜ほへっ!!
こ、これが「元祖長浜家」っ(☆☆)
ずるずる〜なんだろ、なんだろ〜この独特の、独特の感じは!!
止らなくなる感じだ。
白い粉化学調味料結構多め?!

麺がお値段の割に多いような。
P氏は「ナマ」で頼んでて驚いたけど納得。最後のびるね。
食べさしてもらったら、小麦粉臭さとかもあまりなくてコシがあってよかった。
今度はナマで頼んでみよう。
思ってたより旨かった。

店を出てくんくん、自分豚骨臭しますからっ(TT)
2.JPG
え〜っとね(^^;)ゞ
恐ろしい事に次の朝も食べたくなってしまった。
ああ、「元祖長浜」の中毒症状。私モカンセン・・
なんかマク○ナルドみたい。
時々無性に食べたくなる、あの感じと似ている。
食べたら何であんなに食べたかったんだろう?って思うやうな・・
そしてまた食べたくなる・・

夜、クロスとばしていこうかな・・・


2010年02月08日

博多だるま (-26)

0.JPG【店名】博多だるま
【住所】福岡市中央区渡辺通1-8-26[MAP]
【電話】092-761-1958
【営業】11:30-翌2:00
【定休日】元旦
【備考】




 ここが出来る前、むか〜し食べたんだけどもう味なんか覚えちゃいない。それでいつか入ろう入ろうと思ってもう何年も経過(ーー;)ははは・・・なんかね、美味しい!!っていう人とそうでない人との差が激しいよね〜ここ。実は秀ちゃんラーメンも未食( ̄▽ ̄;)有名になりすぎた店ってなんで足が遠のくのかしら・・・

何度も何度も通り過ぎた店内は、こんな感じなのね。ビニールトタンのチープな壁には芸能人の色紙がいっぱい飾ってあります。無添加のラーメンを強調する説明が目立つ。

お腹が減ってる人が「チャーシュー丼¥300」を頼んだ。
男の人はがっついちゃう味付けであります。
1.JPG

そして威勢よく来ました「ラーメン¥650」!
思ったより小ぶりでスープが少なくて驚いた。
いただきま〜す。ズルズル・・・ほぅ〜こんな感じなのですね。
ああ、どっちかに分かれるの分かる。
添加物を一切使用してないラーメンは、そりゃ化学調味料入れまくったラーメンとは違うよね。それにもまして独特〜。脂がすごいのだろうけどそれだけじゃない。食べながら自分はクリーミーな豚骨派だと気付く。これはこれで嫌いじゃないけどね。もうちょいスープが多ければ(苦笑)
店主秀登流ラーメン以外の何者でもないラーメン。
2.JPG

2010年02月02日

a子ラーメン (日営)

0.JPG【店名】a子-みんず-ラーメン
【住所】北九州市門司区高田1-10-7[MAP]
【電話】093-381-8345
【営業】16:30-20:30
【定休日】月
【備考】カウンターのみ a子ラーメン¥680





 のほほ〜んと小倉辺りを散策した後、
知り合いから美味しいと聞いたという「a子ラーメン」へ足を伸ばす。
P1050686.JPG

だぶん生まれてはじめてのJR門司駅下車。駅を背にして右手福岡銀行脇の細い路地を進むと赤い提灯が見えてくる。
も〜ほんと昔ながらのラーメン屋さんです。
がらがらと戸を開けると、L字型のカウンター席。おじいちゃんとおあばあちゃん。そして女性の方。三人で切り盛りされてるのかな。
ちょこちょこと歩いて厨房へ入るおじいちゃん。
お世辞にも整理整頓されてるとは言えない店内。雑然とした中にも法則があるのかもしれない。ガラガラと煮えたぎるスープ鍋が見える。そして、ざるにこんもり盛られたもやし。無造作におかれた麺。そんな中でゆっくりと麺を茹でるおじいさん。大きめのテレビに目を向けながらも、そんな様子を感じながら「瓶ビール¥500」を頂く。
1.JPG

普通のラーメンよりは断然お勧めと言われた「a子ラーメン¥680」
来ました♪思えば北九州のラーメンってお初です( ̄▽ ̄;)
分厚い脂の層が印象的、一発目ははふんとアンモニアを感じたがそのっま夢中で啜った。中盤辺りで手を止める。ふ〜落ち着いた。予想に反し結構塩分強いかな。でもこの独特の感じ。長年の経験でしか出せない何かを感じる。
2.JPG

おじいちゃんが途中「美味しいですか?」と聞いてくる。それで美味しいですと答えた。カウンターににんにく醤油の瓶詰めがおいてあるのだけれど、白御飯を頼んだお客さんに「これは御飯のお供に最高ですよ」と穏やかに勧めていらした。

「餃子¥320」はタレが独特。
3.JPG

「焼飯 ¥520」はおばあちゃんが作っていたかな。私達だけだった店内は気がつけば満席。ご近所さんに愛されてるお店なのだ。焼き飯を頼むお客さんがわりと多かった。昔ながらの焼飯おいしいです。

隣は父と息子連れで、思春期真っ只中と言う感じ。大学に入って街を出て、帰郷したら必ずこの店でラーメンをすする。そんな懐かしい店のひとつになるのかもしれない。後何年お店をやって行けるのだろう・・と余計なお世話な妄想にふけった門司の夜なのでありました。
4.JPG

2010年01月15日

博多 元勲(無休)

0.JPG【店名】博多 元勲-げんくん-
【住所】福岡市中央区平尾2-4-9[MAP]
【電話】092-533-0310
【営業】11:30-23:00
【定休日】無
【備考】つけめん¥850





 ほ〜やっと「元勲」の行列も落ち着いたなぁと、平尾の交差点で信号待ちクロスバイクを止めた。
開店当初から行った友達に次から次に、どうだった?美味しかった?と感想を聞いてるうちに時間だけが過ぎて今に至るのであった。
そろそろ入っちゃおうかしら♪
それは冬も本番になる前。今頃アップするのもうどうかと思うが、
こればっかりはその時の気分次第でどうにもならない。

自転車を近くに止めて食券を買う。
「つけめん ¥850」ポチッと・・まぁ、安くはないよね・・。

薬院の「元助」と同じように、同料金で麺の量が200g/250g/300gと選べる。でも女性にあまり嬉しくないシステム。
それならもとから安くして!っと思っちゃうんだ(^^;)ゞ

カウンターの隅に座って、ほけ〜っと麺の茹で上がるのを待つ。
その間に鶏のスープを味わうと言う趣向。味付けは塩とゆずお好みで。
白濁のそれはすっきりとしておいしい。
素材と処理に自信がないとこういう事できないかもなぁとぼんやり考えながら啜る。だってさこれでまずかったら食べたくないもん(^^;)
調味料で消し込んだようなものは。
1.JPG

来ました♪わ〜麺がつるんつるんよっきれ〜黒ハート
そして、いよいよです。
ずるずる〜もぐもぐ。お〜ぶっとくて食べ応えありますね。
ほ〜鶏がら魚介スープってこんな感じなんだ。
でも、ちょいと味が濃い過ぎるかな・・・
全部食げ上げる前に無料のスープ割りを・・

想像するんだよね味を。想像したものがこうやって形になる。
何もイメージしなければ、それを形にしようと思う意志がなければ形にはならない。そう考えると世の中にあるものは、人が想像したものだらけなんだよね。当たり前の事だけど、なんだか不思議な気持ちになった。

ご馳走様でした。
2.JPG