※ 記載の情報は投稿時のものです。詳しくは店舗へお問合せ下さい。

2013年10月01日

那覇オリオンビール工場

 沖縄旅行の記憶

こんな南国チックな朝ごはんを食べた後、那覇の「オリオンビール工場」へ。
0.5.JPG

工場の向かいの道路奥にある駐車場へ。
平日だったので、車もすくなく楽ちんだった。
00.JPG

入ると大きな釜がお出迎え、受付で見学の旨(要予約)伝えると二階へ行ってくださいとのこと。
0.JPG

平日だったのでなんとその時間は私達だけ(^^;)
台湾からの観光客団体さんと一緒にならないようにずらしてくれた。

新人さんらしきお姉さんから案内をうけ、オリオンビールの歴史を知る。
暑い沖縄では難しいといわれたビール作りを地元の活性化の為に現実にした創業者はすごい。
1.JPG

それじゃ、最後のお楽しみ試飲コーナー♪
オリオンは二杯限定です。
4.JPG

いだだきまーす♪
3.JPG

「オリオンビールHP」



タグ:沖縄県
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

アサヒビール園 (不定)

0.JPG【店名】アサヒビール園
【住所】福岡市博多区竹下3-2-19 2Fレストランホール・3Fビアホール[MAP]
【電話】年末年始及び施設点検日
【営業】11:30-22:00
【定休日】092-482-7887
【備考】エクストラコールド¥450-/ラム肉ジンギスカン食べ放題/牛肉ジンギスカン食べ放題¥2850-/食べ飲み放題+¥1050





見事な食品サンプルが出迎える二階のレストランホールへ。
1.JPG

今回、三階のビアホールの存在をすっかり忘れていたのです実は(^^;ゞ
雰囲気とかはそっちが良かった記憶が・・むかーし両エリアで食事したことあるのだけれど、なんせ大昔で記憶が薄れて・・(汗)
2.JPG

本日の目的はほぼココでしか飲めない「エクストラコールド」を頂くことさっ(キラン★)
福岡県内でもまだ10店舗程でしか取り扱ってないみたい。

楽しみがすぐなくなるのもなんなので、こちらも少量生産樽詰め限定なので簡単には飲めない「琥珀の時間¥500」をまずは頂きますわ黒ハート
く〜上品な味わいです。味わい深さもありがならも喉越しが〜イイ黒ハートこの琥珀色がなんとも美しい。
3.JPG

料理はやっぱジンギスカンにしちゃおっか!!
と「ラム肉ジンギスカン食べ放題(大人一人前)¥2150」をオーダー♪
(写真二人前)
5.JPG

豪快な盛付。髭のはえたままのもやしがなんとも食べ放題的だな(^^)
4.JPG

時間制限は2時間。きっちり時間を記入したプレートが置かれる。
抜かりありませんっアサヒっ(^^;)
7.JPG

ラム肉は臭みもさほど強くなく食べやすいな♪
それ以外に鶏肉とかもちょこっとついてるので後半にお口直しによかったよ★
8.JPG

食べ進めて気づく・・こりゃ〜どえりぁ〜ボリュームじゃありません事?!( ̄m ̄;)
ヤンガー男子も真っ青?!
食べ放題と銘打ちながらも一人前がこれだけの量なら普通の人はおかわりすることはないのでは?!
9.JPG

ささっ、本日の楽しみ「エクストラコールド¥450」をっ黒ハート
氷点下(0℃〜-2℃)に冷やされたスーパードライ。
シャープなキレ、クリアなのど越し。
かつてない辛口体験をあなたに!

こんな専用サーバーで注ぎます。(左写真)
温度が変わらないうちに素早く飲まねばっ、写真撮影もそこそこでいただきま〜っす!

く〜っ
くっは〜(><)b
こ、これは美味い黒ハート黒ハート
通常のビールを冷やしすぎると味気もなんでもかんでも飛んで喉越しだけの液体になってしまうけれど、こ、これはドライのコクキレコクキレの魅力が最大限に生かされてる。
キンと音をたてるような冷たさの中に快感がっ。
9.5-1.JPG

ちょっと食べ過ぎたな(^^;)
博多駅まで歩いて帰ろうか!!

ご馳走様でした!!




posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

アサヒビール博多工場見学

さてさて、皆様にご好評の?!「ビール工場見学シリーズ」だよ。

日田市の「サッポロ」朝倉市の「キリン」熊本県嘉島町の「サントリー」と回を重ね九州で残すところは博多区竹下の「アサヒビール博多工場」見学のみ。
福岡市内に住んでいれば一度は足を運んだ事があるんじゃないかな?

ついにこの間いってきました!!
九州コンプリートだぁ〜 d(^へ^)b


車持っていないのでJRで行くことに。
博多駅から下りで一駅だから近い。
竹下駅下車、駅を出ると左手に既に工場のタンクが見える(笑)
アレを目指せばいいだけなのだ。
ひたすら左に進むと5分位で見えてきた。

わ〜っと思わず信号を渡って工場の正面写真を撮ったけれど、
道路挟んだ向かいの建物に駐車場、見学受付(1F)やレストラン(2F)がある。
1.JPG

歩道橋でつながってるよ。
2.JPG

歩道橋を渡って建物に入ると右手にレストラン「アサヒビール園」。
その先のエスカレーターで降りると受付に着く。
3.JPG

@の受付カウンターで受付を終わらせてね。
エスカレーターの下が集合場所だよ。
5.JPG

集まったところで、エスカレーターを上って工場棟へ。
何処の見学でもまず最初は映写室でビデオを拝見
それぞれのビールに対しての熱い思いがここで読み取れる。

・・それにしても一緒に入った団体さんが既に酔っ払っているみたいでうるさい。
そしたら先に団体さんだけ移動して別行動に。
この辺の対応はお見事。

映写室の外に「麦芽」と「ホップ」が割と沢山置いてあって手に取ることができる。
工場の航空写真とか、生産している商品とかも展示してあるよ。
博多工場って街中にある印象だけど、建設当初は周りは畑だったんだって。

途中、スーパードライ、福山雅治発見デス黒ハート
7.JPG

通路を移動しながらビールのできる過程を説明。
工場ラインの撮影はNGですけどこの辺はOK♪
ココでは麦芽を試食できる。香りも存分に感じてくらはい。
8.JPG

博多工場は移動距離が長い。狭いエスカレーターとかもあって入り組んでる。
建物が昔の作りなので仕方ないのですが。
車椅子の方の見学とかは他社の工場がいいかもしれない。
9.JPG

アサヒの説明はちょっと突っ込んで話してくれるので楽しかった!!
すごく分かり易かったし。

キリンは初心者の人向けかも。その後サントリー、サッポロと聞けば何にも分からない人でも知識がつく。その後にちょっとだけ詳細な説明のアサヒを持ってくれば理解度アップ間違いなし!!
10.JPG

ラインを見学して、今回も稼動してなくてショック。
結局何処の工場でも見れなかった(TーT)
エコへの取り組みとか聞いて、時間としては一番長かったな。でも充実度満点♪

お待ちかねの無料試飲会です!
11.JPG

「スーパードライ」と「黒生」が試飲できる。
制限時間20分だったかな?心置きなく楽しみませう。

まずは出来立てスーパードライいただきます。
ごくごく〜うまぁ〜黒ハートコクとキレとすっきり感が際立つぜ。
12-1.JPG

一緒についてくる無料おつまみ♪ チーズ美味しかった♪
13.JPG

その後、すかさず黒生です!!
これも〜すかっつとして美味しい黒ハート黒ハート
アサヒでも注ぎ方を説明してくれます。
それぞれのこだわりがここでも♪

私は無理ない感じで3杯いただきまひた。
いや〜おいしかった。実はアンチアサヒだったんだけど、説明してくれるお姉さんも綺麗だったし説明聞いてて、なんか印象が変わってしまいました(^^;)単純な人間だな私って・・ふっ。
12-2.JPG

横の売店が結構充実してて、思わず「手ぬぐい¥1050」かっちゃいました(汗)
15-1.JPG


いや〜それぞれの工場の特色が楽しめて面白かったな♪
案内係りのお姉さんは基本的に綺麗な方ばかりだし。ペットボトルから作られた制服もそれぞれ凝ってて(オヤジ目線でごめん:汗)
ビールの出来立ての美味しさが楽しめるのが最大の魅力なんだけど、
いつも飲んでるものがどうやって作られて、各企業がどんな姿勢で取り組んでるのかとか、勉強になりました。お酒を飲まない人もジュースとかあるんで思ってるより快適かも。お菓子も出るし。

それでは沖縄「オリオンビール工場見学」があるのかないのかは別の機会に。
楽しみにまっていて下さい(笑)いくんかいっ(^^;)


posted by zono | Comment(2) | TrackBack(1) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

サントリー ビールの森(無休)

0.JPG【店名】ビールの森
【住所】熊本県上益城郡嘉島町北甘木字八幡水478サントリー九州熊本工場内[MAP]
【電話】096-237-2280
【営業】11:00-21:00
【定休日】無休(年末年始、臨時休業日除く)
【備考】ビアレストラン74席/予約専用のバーベキューレストラン212席





 講座受講の後、ほろ酔って敷地内のホップをパシャリ。
レストラン「ビールの森」へ向かう。
1.JPG

こんな風に建物が2つ並んでいたので、てっきり左もお土産売り場か何かかなと思っていたらどうも事務所?厨房?ぽい。
7.JPG

入口入ってビアレストラン。中央にあるミニブルワリー、銅製の釜が雰囲気だしてます。ここで呑める「火の国地ビール阿蘇¥609」は実際これで製造されてるそうで驚き。
右奥にバーベキュー用の大きなフロアが。
2.JPG

ここで、大きな失敗をしてしまう。
「モルツ¥504」を何気に頼んで「火の国地ビール阿蘇」は瓶入りを買って帰ればいいやとその場で飲まなかったんだけど。
なんと、
火の国ビールはこのレストランでしか呑めないの!!!(TーT)
瓶、缶詰は製造していないんだって。
勝手な思い込みってこわいなぁ。ぐすん。
時間もなかったので呑むのは断念しました(><)
今回の旅行の一番の心残り・・
4.JPG

講座を受けたら「夏のおつまみ3種盛¥600」が¥200で頂けたので
それをオーダーする。
3.JPG

新メニュー「天草大王の辛口四川風仕立て¥630」。
甘辛いタレが美味しかったです。
熱々なので火傷にご注意♪
5.JPG

「揚げたてからし蓮根¥399」
名前のままからし蓮根が揚げてあるんだけど、辛味も程よく飛んでお酒のおつまみにぴったりでした♪
これは家でもチャレンジ出来そう(^ー^)v
6.JPG

ああ、悔やまれるのは地ビール・・ぐすん。
お土産に「馬刺チップ」なるものを購入。
まだ食べてないけどね(笑)

タグ:熊本県
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

サントリー九州熊本工場見学〜モルツ講座〜

 やんごとなき理由ではじまったビール工場見学。
今回のターゲットは「サントリー九州熊本工場」だぜ。
それもただの工場見学ではなく「ザ・プレミアム・モルツ講座」だぜ。
この日の為に、前日、前々日と休肝日にしてたんだぜ。
偉いぜ自分♪

 来るときに間違って「熊本IC」で降りてしまった(^^;)
最寄は三つ先の「御船IC」だからご注意って、間違うの私達位かしら(汗)
う〜看板が出てて助かった♪
やっと着いた〜♪ 
案外こじんまりした工場。
1.JPG

建物も少ないから入口は直ぐ分かる。
左手で受付を済ませ、売店でぶらぶら。
2.JPG

運転手はこれを下げる。
シールだったりバッチだったり、
各企業かぶらないようにしているのか・・
3.JPG

・・なんかサントリーの売店、グラスが多い。
オリジナル感あってさ。
なっちゃンもかわいい。
5.JPG

もう一般販売してない「プレミアムモルツ黒」が購入できると思ったら、
なんとこのお中元セットじゃないと買えないの( ̄エ ̄;)
「え〜っちょっとずるくない?」と思わず口にしたら、
隣にサントリーのお姉さんがいた( ̄▽ ̄;)
ばっちり聞こえましたよね・・今(汗)
4.JPG

もう直ぐはじまるよ〜。
6.JPG

担当のお姉さんに先導され、長いエスカレーターを上がる。
上がってすぐ右手の会議室みたいな部屋に通される。
テーブルは指定制で名前が書いてある席に座ったよ。
「阿蘇の天然水」も無料で振舞われる。
7.JPG

他の工場見学ではなかった、麦芽の実食もありうれしかった♪
あまい!!
9.JPG

プレミアムモルツに使われているのはどっちのホップだ?!
8.JPG

スクリーンを使って説明をしてくれて、途中から誕生秘話の上映。
なんか技師さんたちの熱意が伝わってきてちょっとじ〜んときたよ。

その後に、工場のライン見学。
そこからは写真NGだよ。
もう何回か説明聞いてるから、うとい私でも作り方がなんとなく理解できるようになってきた。

最新のハイブリット工場、でもその日は缶詰めライン稼動しておらず残念。
まだ一回も稼動してる所を見てないの(TーT。)
九州ラストのアサヒの工場では見れるといいなぁ。
それにしてもエコにも力いれてますね。

会議室に戻るとテーブルにお菓子が(4人分)♪
なんかサントリーって太っ腹だなぁ。
10.JPG

そして「終了証」もらったよ♪
11.JPG

お待ちかねの試飲タイム黒ハート
いただきま〜す!!
く〜っ、く〜っ黒ハート黒ハートおいしい〜(><)
この味わい深さと喉越しのよさと品の良さやっぱひいでてる黒ハート黒ハート
12.JPG

そして、これもモルツ講座の魅力のひとつ。
通常の見学では振舞われない「プレミアムモルツ黒」
一杯しか呑めませんが。
13.JPG

これが、黒にはありえないくらいのすっきり感。
水のうまさが引き立つ黒ハート黒ハート黒ハート
いや〜唸るくらい美味しかった黒ハート
14.JPG

サントリーでもビールの注ぎ方を教えてくれる。
こちらは二度つぎ。受講者から2名前に出て一緒につぎます★
15.JPG

そんなこんなしてるとあっという間に時間が過ぎてゆく。
最後にもう一杯モルツ頂きます☆
試飲時間は30分だったかしら?
3杯は楽に飲めます(#^^#)V

サントリーさんは気前がいいですね。
(黒はセットじゃないと買えないけど^^;)
HPから優待券かなにかをプリントしてもってゆくと、お土産にグラスをくれたりするの。レストランの割引してくれたり。

スタッフさんの説明も分かり易くてしっかりしてました。
キャビンアテンダントばりの接し方でございました。

キ○ンさんは足早だったけど、
こちらはゆっくり見学できたね。内容も充実面白かった。
一度は受けてみてそんはないモルツ講座。


隣にあった通常の試飲場を最後にパチリ。
16.JPG
タグ:熊本県
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

福岡 キリンビアファーム(不定)

0.JPG【店名】KIRIN BEER FARM-キリンビアファーム-
【住所】福岡県朝倉市馬田3601[MAP]
【電話】0946-23-2993
【営業】11:00-22:00
【定休日】不定休(要HP)
【備考】団体10名〜呑み放題90分¥1600ジンギスカン食べ放題¥2060





 「工場見学」を終わらせた後、横断歩道を渡って隣の「キリンビアファーム」へ。
飲んでるだけでお腹が減りました★

入口はいって右手売店の奥にお手洗いあります。店内はこんな感じ。
8.JPG

外で食べるのも気持ちよさそうなのでテラス席へ。残念ながらポピーが一望できる席は満席だった。雨が降りそうだけどきもちよかった。

「一番搾り」も「キリンラガー」も呑んじゃったので、
「一番搾り スタウト(黒)¥540」をガツンといただこう黒ハート
くは〜黒の濃厚さがスカッとうんまい(^へ,^)P
1.JPG

「自家製キャベツの2色マリネ¥380」このお値段でボリューム満点。せこってません(笑)
酸味も程よくペロリと平らげちゃいました★酒飲みにはいいね〜
2.JPG

ビール工場といえばなんで、「ジンギスカン」「焼肉」なんだろうなぁと思いつつ、久しぶりにそれを頂く事にする♪
「特上ラムロースと野菜のセット(一人前)¥1400」
3.JPG

お肉は鮮度もよくてそんな固くもなく、匂いもほどほどで美味しくたべられました。久しぶりのラムもいいね〜♪
でも、こんな食べ方でよかったけ?ジンギスカンの正しい食べ方ってあるんじゃないかと思ったけどもういいか・・・適当(笑)
5.JPG

ビアファーム名物に「秋月 古処鶏 半身の姿揚げ(2〜3人)¥2200」と「ポークスペアリブ(2〜3人) ¥2900」 いうのがありました。
スペアリブはハーフ¥1600があった。
古処鶏を食べたかったけど流石に二人じゃ多いねという事で却下。
5.6.JPG

でもやっぱり食べたい古処鶏(笑)
「秋月御膳¥1550」を頼みました。
古処鶏のグリル+季節の小鉢+赤だし+御飯+お香物といった内容。
お肉がねすご〜く柔らかくて吃驚しました。
レモン風味でさっぱりとした味付け。
7.JPG

最後の一杯に頼んだのは「キリンブラウマイスター¥640」
あわ立ちは見事だがちょっと量少なくないか・・(ーー;)
百円も高いのに〜とぶーたれる私(笑)
5.5.JPG

お腹も満たされたところでポピーなどをゆっくり見ようかの〜
「ホピー祭り」期間中だけなのかな?お花畑の脇にテントが並んでいて地元の野菜やキノコなどが激安で販売されてた。
なんかいいね〜こういうの。
9.JPG

帰りに朝倉の街を眺めてたら、結構麦畑があることに気づく。
なんでもこの辺りは昔から麦の栽培をしていたらしく、水も綺麗だしキリンがここに工場を作ったのもそれがひとつの理由らしい。

福岡ビアファームって地元密着な感じがして好感がもてました。無理がないっていうか、無理やり都会化してないというか。
持ちつ持たれつやってきたんですよって感じがじわじわ伝わってくる。
この工場が長いことここにあって地元に溶け込んでるだなとアットホームな気持ちになりました。

さぁ、九州で残すところは「アサヒ」と「サントリー」。
どんな違いがあるのか楽しみです♪
10.JPG




『その日呑んだお酒メモ』
・一番搾り スタウト

・キリンブラウマイスター

posted by zono | Comment(0) | TrackBack(1) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

キリンビアパーク福岡 工場見学

 福岡市内から高速へ乗り大分方面へ。目指すは「キリンビアパーク福岡」です♪
久しぶりの高速道路の運転で、鳥栖ジャンクションは緊張しました(^^;)
どれだけ左に小いさく分岐するんっ!!
と突っ込みながらどうにか「筑後小郡IC」で下りれました。ほっ。
乗ってるだけと運転するのは大違い。

料金所を出て、ナビに従いT字路を右折しちゃったけれど、後で地図みたら左折した方が分かり易いみたいです。その先の「小郡IC南」の交差点を左折したら暫くみちなりに行けばいいだけだったから。

最後に500号から右折しないといけなかったけど、交差点のない道だったので分かりにくかったです。
それと看板があったけど、何m先とかじぁなくて直に出てきたので焦りました。
そうこしないうちに左手に「ポピー」畑が黒ハート きれい〜。秋はここにコスモスが咲くのね♪

交通整理のお兄さんがいたので従って駐車場へ。駐車場はアスファルトではなく土のままで、お花畑と一体感あります。
0.JPG

予約した工場見学開始まで時間がなかったので足早に通り過ぎ、横断歩道を渡って「キリンビール兜汢ェ工場」正面へ。右側前方に玄関が見えてくるよ。
1.JPG

ふ〜よかった間に合いました★受付確認を終わらしましょう。
直ぐ近くに化粧室あります。
2.JPG

受付で引換券をくれます。後で使うのでなくさないようにしなければ!!
3.JPG

まずは前回の「サッポロ日田工場」と同じように、映像で工場の概要などを。違いといったらサッポロのほうが歴史の解説が多かったです。

その後、ビールの原料や製造についての説明を受けます。
4-1.JPG

そう、今回は「仕込釜」のある棟までの見学。キリンはここまで写真OK!

「ホピー祭り」期間内(5月8日〜5月31日迄)は、生産工場棟へのバス見学はやってないみたいで残念です(^^;)
詳しい内容は把握してないからよく分からないですけど、製造ラインも平日じゃないと見れなかったみたいでなんか消化不良ぎみ。
5.JPG

けれど試飲会になるとテンションはあがります黒ハート
さっき配られた「引換券」を半分渡して♪
7.5.JPG

最初の一杯目は「一番絞り」です黒ハート出来立てです黒ハート
頂きます〜(#^^#)b 
この為に前日は休肝日。当日も水分の摂取も控えてたので五臓六腑にしみ渡りますわ黒ハート黒ハート
8.JPG

運転手にはこのバッチを胸につけます。サッポロはシールだったけど、キリンはバッチなので後で回収されます。
右は環境マスコットの・・「エコジロー君」・・・認知度低し。
キリンさん・・あまり世間に広まってませんよね・・このキャラ。
7.5.JPG

キリンの試飲時間は15分間で2杯まで。
その間に、ビールの注ぎ方の講習をしてくれるので時間はあっという間に過ぎてしまいます。お姉さんが注いでいるビールは「クラッシックラガー」で、講習が終わると呑みたいお客さんに振舞われるというサービス黒ハート
9.JPG

すかさず2杯目頂きます。 今度は「キリンラガー」です。
10.JPG

まだふたつしかビール見学行ってないけど、サッポロよりキリンの方が説明も分かり易く、あっという間に時間が過ぎていったかも。充実度もキリンの方があったかな。工場内は見学できなかったのは心残りですが。
ビールの注ぎ方を教えてくれるのはほんとためになりました♪
もちろん、家に帰って試してみたよ(^^)V
ふわふわの泡で持ちが違います黒ハート 恐るべし3度つぎ♪
11.JPG

さてさて、お腹減った。隣のキリンビアファームでランチしましょ♪


posted by zono | Comment(4) | TrackBack(0) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

サッポロビール 九州日田工場見学


昨日、「日田森のビール園」の続きで〜す♪

ここまで来たからには「工場見学」しないとね♪
つ〜ことで本日最後の回に参加。

この建物にはいると受付嬢がおりますので、まずはそこで事前予約・受付をすませます。化粧室は受付の裏側にあります。
8.JPG

開始までちょっぴり時間があったので同じフロアーを散策。
妻夫木クンがいっぱい黒ハート
2.JPG

この奥に「レトロタウン」なるプチ博物館がありまして、「サッポロビール」の歴史にふれられます。もちろん無料です。
3.JPG

瓶のデザインの展示とか、昔のビアホールのさいげんとか。年表とか。
3.5.JPG


時間になりました★  ココから写真はNG。
建物左手にあるホールで、まずは映画の上映。10分位だったかな。
これで、「サッポロビール」の誕生から現在に至るまでの過程を説明。
「エビスビール」って昭和のものかと思ったらこんな昔からあるんですね。飲んでるだけで知らないことって多い(^^;)

そして奥の長ーいエスカレーターを上って、いざ工場の中へ。
こちらでは実際の製造過程を見ていきます。
ビールの原料である大麦とホップに触れることもできます。

九州一円のビール製造を担う「日田ビール工場」。
ガラス越しだけど工場の内部も見ごたえ十分っす。

そろそろ参加のお子様がうろちょろし始めた頃に見学は終了。


ここからはお待ちかねの実飲会です♪ 写真もここからOK。
出来立てエビスがっ無料でいただける喜び黒ハート
制限時間は20分。この時間内なら何杯飲んでも大丈夫です(^^)P
お菓子の子袋も貰えるのでそれをつまみながら。
建物の2階に位置するので、窓からの眺めもまたよきです。

ちなみに私は2杯頂きました★ くふっ黒ハート黒ハート
短時間でかっくらうのでどうしてもお手洗いが近くなっちゃいますが、
廊下をでて直ぐにあるので助かります(^^;)
5.JPG

無料で楽しめる工場見学ですが、一人での参加はご遠慮してもらってるみたいです。やっぱり運転手が飲んでたらやばいからかな?
運転手にはこんなシールが貼られます(笑)

ソフトドリンクもあるので運転手もお子様も待ちぼうけはありませんね。
6.JPG

ああ、美味しかった黒ハート エビス満喫っす♪

やんごとなき理由でこれからビール工場を巡る事になったのですが、
次は何処に行くのか楽しみデス(^へ^)P
7.JPG




『その日呑んだお酒メモ』
・エビスビール

タグ:大分県
posted by zono | Comment(2) | TrackBack(0) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

日田森のビール園 (無休)

0.JPG【店名】日田森のビール園
【住所】大分県日田市大字高瀬6979
サッポロビール九州日田工場内[MAP]
【電話】0973-25-1234
【営業】10:00-22:00
【定休日】無休
【備考】詳しくはサッポロHP





 ええ、旅はもちろん温泉も楽しみだったのですけど、ココへ着いて目がキラキラと輝きテンションの上がる自分に思わず苦笑い。
どんだけ好きなんお酒(^^;)

場所は?って「サッポロ 日田森のビール園」ざます♪ 広っ!!
キャッチボールとかバトミントンとかしたくなる芝生。
あの、のっぺりした建物に入れば、
出来立て生ビールが味わえるのねっ(#^^#)V いやん!
1.JPG

と、入口の脇にお堀があって、こんな恵比寿さまの像が。
恵比寿様の足元の小さな魚篭になになに?「夢が叶いますように」と記載が。
お金が入ると夢が叶うのかっ?!
私の夢?!私の夢・・・妄想中。きゃっ♪
思わず十円玉を投げてみたのですが、すんでの所で入らず・・ちっ。
2.JPG

ん?周りを見渡すと「絵馬」だらけ「エビス夢祈願」の看板読んでみる。りり?
もしかしてこれやった人がお金投げるんじゃ(^m^;)
P1060966.JPG

「工場見学」まで時間もなかったのでいそいそとレストランへ。
ひっろ〜い♪HP見たら予約してくださいってかいてあったけど、あれって団体さんだけでよさそうね。
窓辺の席からは日田の街が一望できて気持ち良さそうだったけど、窓際から席を埋めていくみたいで一つも開いてませんでした。残念。
3.JPG

それではっ、待ちに待った瞬間、で、出来立ての生ビールを何よりまずはっ黒ハート

「エビスビール 飲み比べセット(小ダンブラー)¥1280」を黒ハート
くふふっ(#^^#)左から頂きますっぐびぐびっぷは〜!っつ!
幸せみ〜っけ黒ハート 
もう、こちらでしか飲めない「琥珀エビス」が・・(涙) 

温度が若干ぬるめ?キンキンじゃないから味がわかりやすいね♪
美味しいよんっ♪♪
4.JPG

食べ物は二の次でごめんなさい。サッポロと言うからには北海道を楽しめるメニューの数々。 ポテトほくほくうまかった♪
「タラバガニのウニマヨ焼き きたあかりベークドポテト添え¥780」
7.JPG

「荒挽きソーセージ盛合せ¥880」は在り来りだが、つい。
グリルで焼く物を少々頼んだので、ついでに焼いて食べてみたり。
5.JPG

「カニイクラ丼¥1550」ひさびさのカニはおいしいなり♪結構はいってたね。
お腹一杯だよ★
6.JPG

テーブルはバーベキューグリルが設置してある席とそうでない席がある。
メニューは北海道を意識したもので多彩デス。

最後にもう一杯「サッポロ生ビール¥530」を★
一気にのみすぎてちょっとボーっとなる(笑) うほほっ♪
8.JPG




『その日呑んだお酒メモ』
・エビスビール 琥珀


・エビスビール 黒

タグ:大分県
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | ビール工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする