※ 記載の情報は投稿時のものです。詳しくは店舗へお問合せ下さい。

2015年09月25日

自家製ビール専門店「カンピオンエール 浅草醸造所」

 前の記事から大分時間たってますが、失礼

 じゃじゃん!
やってきたのは、クラフトビールのお店、
自家製ビール専門店カンピオンエール 浅草醸造所」。
ここでしか飲めなとなると行かなきゃっw

店に入るとガラス越しに、銀色に輝くタンクが並びます。
蒸留中のビールが眠りから覚める時が楽しみ♪


その横にレジカウンター。キャッシュオンデリバリー。
料理は席まで持ってきてもらえます。
その時の飲み頃のビールが楽しめます。
ブリティッシュスタイルの上面発酵ビール。
炭酸も温度も程よく、キレやのど越しだけでない、
モルトとホップが織りなす味わいを楽しめる浅草醸造所のビール。
どれからの飲もうか相当悩むわ♪

グラスの大きさは、
「1UK 1/2 Pint ¥600」「1UK 2/3Pint ¥750」「1UK Pint ¥1000」。
ちなみに「1UK Pint=568L」です。
写真は2/3だったかしら?
1_mini.jpg

1階は狭いけれど、2階はこんなに広い。
ちょっと階段が急なので、おビールこぼさないようにね
写真奥の通路、左手化粧室。
2_mini.jpg

お客さんが少なく、貸切状態です。
ま、昼間のこんな時間から飲むかって話(笑)
真夏ではなかったので、窓際に着席。
お隣の有名なお好み屋の木の緑が映えて、
開けた窓からそよぐ風に気持ちはぐんとリラックス。

まずは「自家製ピクルスサラダ¥600」をお供に1杯目ビターを楽しむデス。
3_mini.jpg

「フィッシュ(1匹)&チップス¥1100」。
新鮮なタラを使用。ビールを加えた衣はカリッとして美味しかったです。
これに添えられた枝豆とグリーンピースのマッシ―ピースが忘れらない。
さわやかさが苦手な人はいるかもしれないけど、癖になる人はなる感じです。
4_mini.jpg

「ソーセージ&マッシュ¥1200」
英国ソーセージもさることながら、
これにかかっていたソースが濃厚でコクがあってうまい!
マッシュと一緒に食べると、やめられない止まらない状態。
ハイカロリーなのはわかってるんだけどw
どうにも止まらず完食
5_mini.jpg

ビールと本場な料理と、久しぶりの友とゆっくりと時間を過ごす。
他愛もないことを喋り、窓の外を眺めながら・・沈黙も心地いい。
途中、白人のお客さんがきて、流ちょうな英語を聞いていると、
ほんとに英国のパブにいるようだった。

子供ができて慌ただしい日々を送る中、
こういう時間は本当に贅沢に感じられます。
いろいろな事にありがたいと感じた日でした。
最後はポーターで。
ご馳走様でした。
6_mini.jpg


【店名】自家製ビール専門店カンピオンエール(Campion Ale)浅草醸造所
【住所】東京都台東区西浅草2-2-2
【電話】03-6231-6554
【営業】17:00-23:30/土日祝12:00-
【定休日】無
【備考】お店情報⇒<HP>ブリティッシュパブ&ブリュワリ/チャージ無/キャッシュオンデリバリー/禁煙/子供OK/ミックスナッツ¥300/ワイン,モルトウィスキー,カクテル¥600-/コーヒー,ソフトドリンク¥400/



タグ:東京都
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | Dining Bar・バル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426688346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック