※ 記載の情報は投稿時のものです。詳しくは店舗へお問合せ下さい。

2015年07月31日

新丸の内ビルからの夜景と料理「酢重ダイニング」


 東京って地下が迷路みたいにつながって、すごい事になってるんですね・・
まぁ、都会はどこでもそうだけど、ここは想像を超えてますw
たまに行った時の移動手段って山手線で、どうにかやり過ごしてきたので、
地下に入られるとどこにいるのか全く分からない(^^;)
スマホないと迷うって東京の人も言ってたけど、うなずけるなぁ〜

そして、ここも地下鉄で移動。金魚のふんのようについてって、
たどり着いた「新丸の内ビルディング」こ、これが通称「丸ビル」?!
えっ、違う?!「新丸ビル」か・・
と、ウィキで確認してしても、いまいちピンとこない私ですたらーっ(汗)

今夜は新丸の内ビルディングの5階にある、
「酢重ダイニング」へお邪魔します。
すでにビル自体がエレガントすぎてめまい。
内装の質感の良さにのまれつつ、エレベーターを待つw

着きました〜♪
和というか中華な印象も受けてしまう外装ですが、
店内はシャープな印象。テーブルが黒色、照明も暗め。
シーンに応じて使い分けられる間取りですが、
縦長な店内は総席120、満席状態は賑やかすぎますw
スタッフさん呼ぶのも一苦労。

窓際の席は素晴らしい。丸の内のビル郡は壮観です。
抑えた照明に外の景色は際立ちます。

やっぱ、こんな夜景には泡泡がよく似合うわ黒ハート
1_mini.jpg


酢重という店名から、御酢を使った料理がでるものと大きな勘違いを犯してましたあせあせ(飛び散る汗)
「軽井沢にある味噌醤油屋「酢重正之商店」が地元信州の自慢の食材を提供する和食屋」
とぐるなびに記載有。人の名前でした(汗)
信州の味噌、醤油が美味でものすごく記憶に残ります。
キュウリの上にもほら。 右「野沢菜¥620(税抜)」。
2_mini.jpg

「酢重のお味噌と新鮮野菜の盛り合わせ¥1220」
趣の異なった3種類の味噌で頂きます。野菜のおいしさが際立ちます黒ハート
3_mini (1).jpg

「白身魚のカルパッチョ」。これは醤油だね。
4_mini.jpg

「本日の魚のカマ焼き¥950(税抜き)」。金目鯛が売り切れでカンパチ。
身がホックホクで美味しかった♪
6_mini.jpg

カマにはやっぱ日本酒が合うっしょ♪
とういことでオーダー「棚田 特別純米 2合¥1780」
5_mini.jpg

東京にどれだけの飲食店があるとか、考えただけで気が遠くなりますが、
同じような美味しさのレベルの中から選ぶなら、
こんなお店は記憶に残りやすいでしょうね。
味噌と醤油がほんと美味しかったです。
それも特別な誰かじゃないとわからない味ではなくて、
誰もが分かる、そんな味のわかりやすさってうれしいなと思ったデス。

右「酢重風鉄鍋じゃがバター¥850」
7_mini.jpg

ご馳走様でした♪

【店名】酢重ダイニング 新丸の内ビル店
【住所】東京都千代田区丸の内1-5-1
新丸の内ビルディング5F
【電話】03-5224-8686
【営業】11:00-16:00/16:00-23:30木金-24:00,日-22:30
【定休日】無休
【備考】お店情報⇒<HP>/信州産の食材、味噌、醤油/特注銅鍋で炊き上げた厳選米/個室2室別途使用料金発生/夜コース¥5250,¥7350/メニュー多彩/



タグ:東京都
posted by zono | Comment(0) | TrackBack(0) | 和食・寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423324611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック