※ 記載の情報は投稿時のものです。詳しくは店舗へお問合せ下さい。

2011年03月31日

中華そば鶴と亀

0.JPG【店名】博多発祥中華そば 鶴と亀
【住所】福岡市中央区高砂1-12[MAP]
【電話】092-531-5577
【営業】11:00-21:001/金土11:00-24:00
【定休日】日祝日
【備考】中華そば/15時を境にライス物の値段がUP/おつまみメニュー15時〜/




まだ、震災の起きていないとある休日。
豚骨ラーメンじゃないラーメンが食べたくなってやって来た「鶴と亀」。
縁起のいい店名ですね。

店の前の看板に大きな字で「天草大王」の文字。
それでスープをとった金土限定「天草大王のスープの中華そば¥700」
それを頂く事にしようかな。
別皿で九条ネギがたんと付いてくる。お好みでどうぞとの事。

ずるずる、すっきりとしながらもコクがあって旨かった。
麺も後半だれることなくいただけました。
豚骨じゃもたれちゃうな〜という時いいかもね♪ 
1.JPG

壁のメニューを見ていると色々メニューがあります。
麺もさることながら、つまみメニューも多い。

「博多発祥中華そば¥600」は「鶏がらスープを白濁なるまで煮込んだスープ」で見た目はとんこつっぽいらしい。
「中華そば¥550」は王道の鶏がら。西新屋台村で行列が出来た生スープ。一日20食限定。

「替え玉¥100」は中華そばはありません。と表記があったけど、王道の鶏がらだけがないってことなのかな・・あと、大盛りはどれでもできてこれも¥100。

黒色がベースの店内は2階席もあったけど、大将一人でやってる時間帯なのか(14時は過ぎてたな)、1階のカウンター席に通された。階段も干渉しているので狭い。隣の席が近く感じるので、女性だけだとちょっと入りにくいかもなぁ。二階席が使える時間帯だったらよいのだろうけど。
男性ならひとりでも遅い午後にひょっこり、
ちょこっと呑んで麺で〆るなんてよさげなお店です。

カウンターには標準語な喋り方の男性が中華そばを啜っていた。
福岡に転勤になったけれどどうしても豚骨ラーメンが口に合わない。
そんな人のオアシスだなぁと思ったりした。

ご馳走様でした。

百円募金中 (March)3記事×¥100=¥300



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193430487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック